健康体育学専攻(修士課程) Master's Program in Health and Sports Science

教育理念

健康学・体育学・医学における健康体育学をさらに高度なものに深め、人々の健康と生きがいを尊重し、実践できる人材の育成を目指す。

目的

健康体育学専攻修士課程は、健康学・体育学・医学を融合した高度な健康体育学を身に付け、健康体育の実践と指導、並びに教育・研究のできる人材の養成を目的とする。

教育目標

  • 1.運動指導の場で総合職として深い見識を持った高度専門職業人を目指す。
  • 2.中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)、養護教諭専修免許状を取得する。
  • 3.博士後期課程に進学する者は、5年間の教育・研究を体系づけ国内外で活躍できる教育研究者を目指す。

修了後の進路

広がる健康づくりに高度な専門性を有した人材

既存の教育系・体育系の大学院修了者は、小・中・高・専・大学の教員をはじめ、専門知識を要する公務員・企業職員として就職しています。これらに加えて、民間フィットネスクラブ・公共健康増進施設・病院・福祉施設等での指導員としての需要が見込まれています。特に、健康増進のための運動指導者は、病院・福祉施設で強く求められているため、就職には大変有利です。また運動処方理論に裏づけられた専門性を生かし、今後健康機器開発企業への就職も期待されます。

専修免許状(保健体育)

中学、高等教諭一種免許状(保健体育)を取得者は、本専攻において必要単位を修得することにより、中学、高校教諭専修免許状を取得することができます。