臨床工学科 受験生へメッセージ Department of Medical Engineering

在学生の声

学内と病院での豊富な実習で少しずつ社会へ近づける。

在学生の声
私は高校時代に物理と数学が好きであったこと、さらに医療現場で働くことに憧れていたので、将来の自分の職業を考えたとき、臨床工学技士になりたいと思いました。大学は難しい講義もあり大変なこともありますが、臨床実習で臨床工学技士が医師や看設師からも頼られている姿を目にして誇らしい仕事だと感じました。医療現場では教科書に載っていない言葉や略語が使われていて驚きの連続でしたが、今まで勉強したことがつながり理解することができました。また、患者さんが身近に感じられ、社会に一歩踏み出したような気持ちになりました。学内実習も多く、医療機器に触れながらしっかりと学ぶことができることも本学科の魅力です。

卒業生の声

臨床工学技士になって。

卒業生の声
数多くある医療機器の中でも特に生命維持管理装置を扱うことを専門としているのが臨床工学技士です。近年は臨床工学技士の仕事の幅が広がり、社会でのニーズも高まっています。川崎医療福祉大学は病院実習が充実しており、学生時からいろいろな施設の臨床工学技士の仕事を学ぶことができます。また、卒業生が県内外問わず多いため、卒業後も先輩や後輩と一緒に働けることもあり、安心して業務に励むことができます。