臨床工学科 受験生へメッセージ Department of Medical Engineering

在学生の声

得意な科目を生かせる医療従事者になるために。

在学生の声

倉本 夏菜さん(香川県立坂出高等学校 出身)

臨床工学科は医療の最前線で生命維持管理装置の操作や保守点検を行うスペシャリストを養成しています。臨床工学は今後さらなる医療機器の高度化などによって、より一層需要が高まる分野だと考え、最先端の知識が学べる本学に入学しました。学内実習では先生に加えて、先輩達がスチューデントアシスタントとして付くので、質問がしやすく、内容をしっかり理解できるのが魅力です。

卒業生の声

就職活動は4年間の集大成です。

卒業生の声

内定:倉敷成人病センター奥 雅貴さん(岡山県立倉敷古城池高等学校 出身)

就職を意識したのは、3年次の実習で現場の臨床工学技士の方々と就職について話をした頃です。幅広い知識や技術を身に付けたいと考え、志望先を総合病院にしました。就職活動では履歴書作成や面接練習など、自分を見つめ直す機会が増えます。一人で進めづらい時は、友人や先生方と話すことで解決しました。積極的に挑戦したボランティアやサークルの経験も、良い結果につながったと思います。

責任は重いですが、その分やりがいのある仕事。

卒業生の声

川崎医科大学総合医療センター MEセンター 勤務石森 幸治郎さん(広島県立尾道北高等学校 出身)

人工呼吸器や人工透析装置といった生命維持管理装置の操作、医療機器の保守管理を行っています。臨床工学技士は医療機器のスペシャリストとしてチーム医療に参加し、医療機器の高度化、複雑化が進む中、そのニーズは高まっています。臨床工学技士として一緒に働ける仲間が増えるのを楽しみにしています。