臨床工学科 受験生へメッセージ Department of Medical Engineering

在学生の声

チーム医療の一員である臨床工学技士。

在学生の声
私は、高校の先生の薦めで臨床工学技士という職業を知りました。臨床工学技士は、医療技術の発展により、医療現場から欠かすことのできない存在で、血液浄化装置、人工心肺装置、人工呼吸器などの生命維持管理装置の操作や保守・点検を行うチーム医療の一角を担う職業です。工学系に興味があり、また医療従事者として働きたいという思いがあったため、この職業を目指そうと思い、恵まれた学習・実習環境の整った川崎医療福祉大学を志望しました。1年次では医学・工学の基礎を学び、2年次以降ではより専門的な講義や実習があり、特に3年次にある病院での実習では臨床現場でしか得ることのできない経験ができます。皆さんも一緒にチーム医療の一員である臨床工学技士を目指してみませんか。

卒業生の声

臨床工学技士になって。

卒業生の声
大学を卒業し、総合病院に勤務し6年がたちます。臨床工学技士は数多くある医療機器の中でも特に生命維持管理装置を扱うのが専門です。近年は生命維持管理装置を扱う以外にも仕事の幅が広がってきておりニーズは高まってきています。
川崎医療福祉大学は病院実習が充実しており、学生時からいろいろな施設の臨床工学技士の仕事を学ぶことができるため良い経験となりました。また、県内外問わず卒業生が多いため、卒後も先輩・後輩と働けることもあり、安心して業務に励むことができます。

実際に仕事を見て、自分の働きたい就職先を決定。

卒業生の声
医療に携わる母の姿をみて、大変だけどとてもやりがいのある仕事だと感じ医療福祉に興味を持ちました。
中学生のときに病院で職業体験をさせていただき、様々な医療職種の方々と出会い、その中で最も印象に残ったのが臨床工学技士でした。
医学と工学の療法の観点から、より安全な医療を提供するために日々努力されている姿に憧れました。
たくさんの先輩方が活躍され、充実した設備で行える実習を通してより深く学びたいと思い本学への進学を決意しました。

教員の声

現代医療を支える医療機器のスペシャリスト。

教員の声
臨床工学技士は医療機器のスペシャリストです。
本学科では、患者さんのために最良の治療を提供できる技士になるための基礎力から実践力までを養っています。
講義科目だけでなく、実習科目も豊富に取り入れて、知識と理解をより深められるようにしており、川崎医科大学附属病院などにおける臨床実習も充実しています。
さらに医療機器の知識や取扱方法の修得だけでなく、患者さんやスタッフとの間のコミュニケーションも大切ですので、人間作りも重視した教育を行っています。
前身の川崎医療短期大学・臨床工学科を含めて、1,300名余りの卒業生を輩出しており、全国の医療機関や医療機器関連企業などで活躍しています。
皆さんもぜひ一緒に、現代医療を支える臨床工学技士を目指しましょう!