臨床工学科 受験生へメッセージ Department of Medical Engineering

在学生の声

現代医療を支える専門職として、将来をイメージ。

在学生の声

大林 雅也さん(香川県立多度津高等学校 出身)

医療機器の役割が大きい現代医療においては、臨床工学技士の仕事はとても大切だと、学科での学びを通して理解が深まっています。忙しい毎日ですが、勉強に励んでいるのは、高校時代、電気科で身に付けた知識を、将来、医療で生かせるようになりたいから。本学科は先生も学生も仲がよくアットホームな雰囲気。就職や資格試験についても、先生が一人ひとりと向き合ってくださるので安心です。

卒業生の声

責任は重いですが、その分やりがいのある仕事。

卒業生の声

川崎医科大学総合医療センター MEセンター 勤務石森 幸治郎さん(広島県立尾道北高等学校 出身)

人工呼吸器や人工透析装置といった生命維持管理装置の操作、医療機器の保守管理を行っています。臨床工学技士は医療機器のスペシャリストとしてチーム医療に参加し、医療機器の高度化、複雑化が進む中、そのニーズは高まっています。臨床工学技士として一緒に働ける仲間が増えるのを楽しみにしています。