医療情報学科 受験生へメッセージ Department of Health Informatics

在学生の声

情報処理技術で医療の発展に貢献したい。

在学生の声

内海 穂野香さん(岡山県立岡山南高等学校 出身)

高校で学んでいた情報処理のスキルを医療分野でも生かせると知り、この道を選びました。医療情報管理は、医療機関の情報を管理・活用し、医療の発展に貢献できるやりがいのある仕事です。演習では、実習で得た病院現場の課題を解決することをテーマに、患者さんに待ち時間を活用していただくためのソフトウェアを開発しました。ほかにも実践的な学びが多く、とても良い経験になっています。

卒業生の声

人生のターニングポイントになった資格試験。

卒業生の声

内定:国立病院機構 中国四国グループ山下 優聖さん(岡山県/関西高等学校 出身)

大学4年間でもっとも苦労し、頑張ったことは診療情報管理士の資格試験の勉強です。クラスの仲間と協力し励ましあい、合格することができました。この資格があったからこそ、病院に就職先を絞れたので、後輩にもぜひ取得してほしいです。就職活動では、面接で長所をわかりやすくアピールできるよう、万全の状態になるまで練習しました。先生にはオンラインでも細かく指導していただき、感謝しています。

診療や病院経営に役立つデータを提供する診療情報管理士は、時代に求められる資格です。

卒業生の声

岡山大学病院医事課病歴管理係(診療情報管理室) 勤務 森谷 翔太さん(岡山県/明誠学院高等学校 出身)

院内の電子カルテや部門システムなどからデータを収集し、診療をサポートする指標をフィードバックしています。また院内の経営会議に参加し、他部署と連携しながら病院経営に役立てる情報提供を行っています。診療情報管理士の認知度が向上し、医師や看護師からのデータ依頼が増える中、「今まで把握できなかった指標が分かり、診療に役立つ」「業務が大幅に効率化し、負担が減った」などの声をいただく機会が増え、自身の業務に改めてやりがいを感じています。情報化が急速に進む時代で、「情報」を適切に扱える人材として貢献したいです。