医療情報学科 受験生へメッセージ Department of Health Informatics

在学生の声

情報技術で医療を支える専門家を目指して。

在学生の声
私は現代社会に貢献できる医療関係の仕事に就きたいと考え、高い就職率や充実した教育環境のある本学科に惹かれて入学を決意しました。本学科では、チーム医療に欠かせない存在である診療情報管理士や医療情報技師の資格取得に力を入れており、普段の講義や実際の現場での実習を通して自然と知識を身に付けられます。また、先生方のサポートも充実しており、分からない事も丁寧に教えていただけます。
病院実習では、座学では学べない大変貴重な体験ができました。今は、病院就職に有利になる診療情報管理士の資格取得に向け、仲間と共に意識を高め合いながら努力しています。皆さんも共に医療情報の専門職を目指してみませんか。

卒業生の声

未来につながる学びを大切に。

卒業生の声
病院の情報システムに関わる仕事をやりたい!と、漠然とながらも熱意を持って進学したのが医療情報学科でした。
そして現在、医療情報技師として病院情報システムの運用・管理を行う医療資料部で働いています。私の部署には、医療情報学科の学生さんも毎年実習に来られていて、実業務を職員と一緒に行っています。
実習は、漠然とした思いを現実のものとしてとらえる貴重な機会になると思います。
医療に情報システムが必須となっている今、その将来を担う皆さんの基礎となる知識を在学中にいかに身に付けるかが重要となります。
病院に隣接する大学というメリットを最大限に活用し、出会い・学び・挑戦を大切にして、未来につなげてください。

合同説明会などに参加したり、視野を狭めないようにした。

卒業生の声
高校生の時、病気になったのですが、始めの病院では診断が出ず違う病院で診断を受けて原因が判明し、的確な治療を受けることができました。病院はどこも同じと思っていたため、衝撃を受けたことを覚えています。そのころから、医療というものへの興味を持ち始め、本学のオープンキャンパスへ参加し医療情報学科を知りました。元々、情報処理へも興味もあったことから医療情報学科への進学を決めました。また、資格取得の支援も行ってくださっていることも進学しようと思った後押しになりました。

教員の声

情報通信技術を生かした医療データのエンジニアに。

教員の声
「医療情報」という言葉から、皆さんは何を連想しますか?
私たちは、医療の力を借りずに生きていくことはできませんが、医療は目に見えるものだけで成り立つ営みではありません。目に見えない“何か”によってしっかりと支えられているのです。
その何かの1つに、電子化された医療に関係するデータや、それらを操るための道具であるコンピュータ(病院情報システム)があります。人は誰しも周囲の人の力に支えられて自分の力を発揮できるものです。
医療の世界でも「医療情報」の力を借りて、多くの医療関係者の力を結集し、大きな力を発揮できるのです。
このような役割を果たす知識と技術を身に付けて、人々の生活を支える医療に貢献してみませんか?