医療情報学科 受験生へメッセージ Department of Health Informatics

在学生の声

医学・医療と情報の最先端で最新の学びを。

在学生の声

長保 璃南さん(岡山県立玉野光南高等学校 出身)

医学・医療だけでなく、コンピュータや情報システムなどの情報技術に関する専門知識についても深く学んでいます。診療情報管理士認定試験や診療報酬請求事務能力認定試験に対する特別支援勉強会が開講され、資格取得のサポート体制も充実しています。目標は病院の診療情報管理部門で働くことです。附属病院での実習を通して、がん登録やサマリ(医師が記入する文書)の管理業務に携わりたいと考えるようになりました。

卒業生の声

病院見学で具体的な話を聞き、希望の就職先が明確に。

卒業生の声

内定:大阪市立大学医学部附属病院谷口 菜々子さん(岡山県立倉敷中央高等学校 出身)

どの病院を受験すべきか迷っている時、本学科の先生から内定先となる病院を紹介していただきました。見学にうかがい、職員の方々とお話をさせていただく中で、自分が成長できる職場であると実感できました。一般常識を問われる試験や小論文の対策に加え、面接官へ自分の想いや、やる気を伝えたことが良い結果につながったと思います。

診療や病院経営に役立つデータを提供する診療情報管理士は、時代に求められる資格です。

卒業生の声

岡山大学病院医事課病歴管理係(診療情報管理室) 勤務 森谷 翔太さん(岡山県/明誠学院高等学校 出身)

院内の電子カルテや部門システムなどからデータを収集し、診療をサポートする指標をフィードバックしています。また院内の経営会議に参加し、他部署と連携しながら病院経営に役立てる情報提供を行っています。診療情報管理士の認知度が向上し、医師や看護師からのデータ依頼が増える中、「今まで把握できなかった指標が分かり、診療に役立つ」「業務が大幅に効率化し、負担が減った」などの声をいただく機会が増え、自身の業務に改めてやりがいを感じています。情報化が急速に進む時代で、「情報」を適切に扱える人材として貢献したいです。