About Depertment of Health Informatics

医療情報学科の紹介

医療情報学科ってどんなところ?

そもそも医療情報ってどんなものだと思いますか?

たとえば、病気の名前やいろいろな検査の結果、処方された薬、術後の経過など、医療の現場ではさまざまな情報が行き交っています。それらが医療情報であり、それら医療情報を ”世の中に役立つ情報”にするのが医療情報学の役割です。

医療情報学科では、医療情報を扱うための医学・医療の知識を学び、情報技術を駆使して病院や地域のなかで医療情報を”つなげる”、そんなことができるような医療情報の専門家を育成しています。

ダブルライセンスで医療情報をささえる

医療情報技師と診療情報管理士の2つの資格取得を目指します。それぞれの資格取得をとおして、医学・医療の高度な知識と情報科学の知識・技術を身につけた医療情報の専門家となります。

夢に向かうための学び

臨床の最先端で活躍する医師をはじめとした医療スタッフから学ぶ医学・医療系科目、そこで必要となる情報処理の知識や技術を学ぶ演習科目など、医学・医療と情報処理技術の両面のカリキュラムも充実しています。

もちろん、それら土台に支えられる医療情報学や医療情報システムといった医療情報全般についても学ぶことができます。

卒業後の行き先

卒業後は、大規模病院や地域の中核病院をはじめとした医療機関、病院情報システムなどを扱う企業など、活躍の場は多彩です。高い就職率を維持しつづけています。

今後も医療に強い情報技術者は求められつづけます。

0
学科創設
0
医療情報学科で学ぶ学生たち
0
社会で頑張る卒業生

Introduction to Lecture

講義紹介

医学・医療系

 

医療現場の最先端で活躍する医師、診療情報管理士から、臨床医学の基礎から医療制度の現状、医学用語、コーディングなど、医療情報学の応用に必要な基礎知識を学びます。

情報処理技術系

 

多くの演習科目を通して、情報リテラシーのような基礎をはじめとして、医療情報を扱ううえで必要となるデータベース、ネットワーク、セキュリティなどの知識・技術を身につけます。

医療情報システム系

 

医学・医療・保健の知識とコンピュータを用いた情報解析技術・情報通信技術をベースに、人の健康の改善と促進を目的とする広範囲な医療情報の理論と実践方法を身につけます。

Qualification to acquire

取得する資格

医療情報技師と診療情報管理士の2つの資格取得、ダブルライセンスを目指します。それぞれの資格取得をとおして、医学・医療の高度な知識と情報科学の知識・技術を身につけた医療情報の専門家となります。

これらの資格とは別に、ダブルライセンスを支える土台として、国家試験でもあるITパスポート試験や基本情報技術者試験などの情報処理技術者に係る試験も取得することを推奨しています。これは病院情報システムの開発や保守管理のために情報処理技術も必要となるためです。

ここではダブルライセンスの医療情報技師と診療情報管理士について紹介します。

Employment Situation

就職状況

就職状況・就職支援

卒業生 お仕事紹介

Health Informatics

医療スタッフや病院間の”つながり”を支える!!

About Staff

教職員紹介

Message from the student

在学生からのメッセージ