健康体育学科 Department of Health and Sports Science

科学的な健康・体力づくりの推進役として、個々人の身体機能や生活環境を考慮した適切な運動処方と実技指導のできる運動指導者、ならびに学校での健康教育に関わる教員の養成を目的とします。

  • Point 1
    充実した医療系科目で、指導者に必要な基本的な知識と技術を修得。
    more
  • Point 2
    指導モデルや資格取得対策など、学生の進路を多面的にサポート。
    more
  • Point 3
    豊富な実習により、知識を現場で生かす実践力を育む。
    more

学科概要

健康づくりを指導するための知識と実践力を身に付ける。

科学的な根拠に基づいて「健康づくり」を指導できる人材を育成します。日常活動や労働、スポーツ活動を支える行動体力、病気から身体を守る防衛体力について、体育学・医学・健康学の3つの領域から学んでいきます。

資格・免許
取得を目指す主な資格・免許
●中学校・高等学校教諭一種免許状[保健体育]※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
●養護教諭一種免許状※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
●健康運動指導士
●健康運動実践指導者
●第一種衛生管理者免許[国家資格]

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

私のStep Up!私が目指す資格・免許健康運動指導士

様々な測定法の理解を通して、運動と健康の関わりを学ぶ。

体力測定法実習A

子どもから高齢者までの体力測定法(行動体力)を幅広く学び、評価方法を身に付け、実践現場で応用できるようにする。

運動を通して生活習慣病を予防・改善する社会実現のために。

運動処方演習実技A

生活習慣病の予防・改善を目的とした運動プログラムを作成するのに必要な知識や、指導する際の技能を習得する。

中学校や高校の体育科教師を目指す仲間とも切磋琢磨して。

保健体育科教育法B

中学校・高校における保健体育科教師として、体育の授業を実践するのに必要な技能、及び実践力を習得する。

就職データ
2017年度就職率

100%

予想される進路
●病院等医療機関
●健康増進施設・団体
●公務員・教員

「就職率」の詳細はこちらをご覧ください

News & Topics
地域に貢献するボランティア活動もかけがえのない学びの場。
地域に貢献するボランティア活動もかけがえのない学びの場
学内のグラウンドやプールを開放し、倉敷市と連携した中高年向けのスポーツ教室や、自閉症児を対象とした水中運動教室など、様々なボランティア活動を行っています。地域住民や子どもたちとのふれあいを通して、指導者に求められる人間性も身に付けることができます。

動画紹介

教育理念・目的・教育目標

教育理念

健康学、体育学、医学における専門教育を行い、科学的な健康・体力づくりの推進役として幅広いライフサイクルにおいて活動できる人材の育成を目指す。

目的

健康体育学科は、科学的な健康・体力づくりの推進役として、個々人の身体機能や生活環境を考慮した適切な運動処方と実技指導のできる運動指導者、並びに学校での健康教育に関わる教員の養成を目的とする。

教育目標
  • 1. 運動指導系、学校教育系、社会健康系の3つの履修モデルの中から、各自の進路に合わせた科目を履修し、各々の専門性を高める。
  • 2. 学内外の実習を通して、健康体育学の理論と実践の融合を学ぶ。
  • 3. 健康運動指導士、健康運動実践指導者、保健体育科教諭、養護教諭などの運動指導並びに健康教育に関する資格を取得する。
  • 4. 社会・地域との連携を図り、幅広いライフサイクルにおいて活躍できる感覚を養う。
  • 5. 国際交流を通して、異文化に対する理解を深める。
3つのポリシー
Point1
充実した医療系科目で、指導者に必要な基本的な知識と技術を修得。
健康づくりを科学的に考えるために、生化学や生理学、解剖学などの基礎的な医療系の知識を修得する科目を充実。スポーツの現場では命に関わるケースもあるため、日本赤十字社から講師を招き、心肺蘇生法やAEDの使い方、怪我の適切な処置法を学ぶ科目も開設しています。
Point2
指導モデルや資格取得対策など、学生の進路を多面的にサポート。
運動指導系、学校教育系、社会健康系の3つの指甜モデルを設定し、学生の進路に応じた教育を行っています。また、養成校の認定を受けている健康運動指導士の資格をはじめ、中学校・高等学校教諭と養護教諭の同時取得も可能。公務員試験にも積極的な支援を行っています。
Point3
豊富な実習により、知識を現場で生かす実践力を育む。
「運動処方演習実技」では、地域の健康増進施設などで生活習慣病の予防・改善プログラムを実践。また、遠泳・キャンプ・スキーなどの指導法を学ぶ合宿形式の実習も実施し、自然の中でコミュニケーション能力や協調性を養い、学生同士や教員との絆を深めています。