保健看護学科 受験生へメッセージ Department of Nursing

在学生の声

充実した実習環境の中、可能性が広がる4年間にしたい。

在学生の声

飯野 有理奈さん(岡山県立岡山朝日高等学校 出身)

看護師になるのは幼い頃からの夢でした。私が本学を選んだ理由は、様々な分野での看護師の活躍にふれることができる実習環境により、将来どの分野で働く看護師になるのかを幅広い視点から考えることができると思ったからです。敷地内にドクターヘリが常駐し、附属病院の高度救命救急センターに患者さんを搬送する場面を見て災害看護にも興味を持つようになりました。先生方はいつも親身に指導してくださいます。

卒業生の声

学生時代の様々な経験が未来につながります。

卒業生の声

内定:国立国際医療研究センター三宅 爽夏さん(愛媛県立新居浜西高等学校 出身)

講義や実習を通して、急性期と国際看護に興味を持ちました。長期休暇にインターンシップや病院見学会へ参加したことで、働きたい環境が明確になりました。海外留学やボランティア、学会など、勉強以外でも積極的に活動し、様々な価値観にふれたことで視野が広がり、ベストな進路が選択できました。皆さんも興味があることは、何でもチャレンジしてみてください。

実習で出会えた、理想の先輩看護師を目標にして。

卒業生の声

川崎医科大学附属病院 9階中病棟 勤務藤原 みのりさん(岡山県立倉敷青陵高等学校 出身)

入学して間もなく行われた旭川荘での実習で看護の原点を学び、将来像を明確にできました。今は川崎医科大学附属病院で循環器、呼吸器の疾患を持つ方の看護に携わっています。症状の微妙な変化を見逃さない観察力や患者さんのこころの状態をよりよく保つためのケアなど、看護実践力を磨く毎日を送っています。