臨床心理学科 受験生へメッセージ Department of Clinical Psychology

在学生の声

一人の「人」として理解するために。

在学生の声
人の言動の背景にあるものに興味を持っていたことと、人の抱える心理的な「しんどさ」を共有し解決していく手助けをしたいと思ったことから、本学科を志望しました。
これまで様々な心理学を学んできましたが、学べば学ぶほど人の心というものは奥深く、興味深いものです。
将来は、学んだことを生かし、精神保健福祉士として人々を援助していくことが目標です。
本学科は臨床現場でのボランティアやアルバイトの情報が豊富で、私自身良い経験をさせていただいています。
相手を理解し、自分を理解していくことは、対人援助に限らず日常生活においても大切です。
人に興味がある、寄り添いたいという方は、ぜひ私たちと一緒に人の心の不思議を解き明かしていきませんか?
一人の「人」として理解するために。

卒業生の声

医療福祉の視点から学べたもの。

卒業生の声
私は臨床心理士として、身体科に入院中の患者さんに対する心理面のサポートや心理検査による評価を行っています。
主治医や看護師、その他医療スタッフと連携しながら、精神科医を中心としたチームで活動しています。
患者さん・ご家族との関わり、医療スタッフとの連携には、多角的な視点を持って仕事をすることが求められます。
多角的な視点からものごとをとらえる姿勢は、本学での学生生活の中で、自然と身に付きました。
本学では、基礎心理学をしっかり学べますし、そのうえ、実習や他学科との合同講義も豊富であり、医療と福祉を統合的に学べることも魅力の1つです。
心理学のみならず、その他の分野に関しても学びを深めることができました。

勉強や遊びで培ってきた経験は必ず強みになる。

卒業生の声
高校時代に臨床心理士の方にお世話になったことがあり、臨床心理学に興味を持ちました。
時期的には受験直前でしたので大学選びに迷っていたのですが、「日本で最初に創設された臨床心理学科」ということで本学への進学を決意しました。
また、実践的なカリキュラムや整った設備、附属病院や福祉施設などのネットワークが充実していることも本学を選んだ理由の一つでした。

教員の声

こころについて知る・考える。

教員の声
臨床心理学は、心理学の理論と技術を用いて、心理的な課題や問題を持つ人の状態を理解し、援助を行ったり、こころの健康を増進するためのベースとなる学問です。
そして、臨床心理学の中には様々な心理学を応用した理論があります。本学科では、卒業後に心理的支援者として活躍できるような充実したカリキュラムが整っています。
その中でも私は、精神分析というこころの中の無意識という領域を理解することが支援を必要としている人々に寄与できるという理論に基づき、特に子どもを対象に臨床を実践してきました。
これまで臨床心理士として学校現場や児童養護施設、精神科病院などで働いてきた経験を踏まえて、無意識的観点からこころについて知る・考えることの興味深さを学生の皆さんと共有できたらと思っています。