臨床心理学科 受験生へメッセージ Department of Clinical Psychology

在学生の声

高校のスクールカウンセラーへの憧れが、私の原点。

在学生の声
出身高校のスクールカウンセラーの方との出会いが、心理援助職に興味を持ったきっかけです。人の心に寄り添い、一緒に悩みを解決する姿に憶れました。自分自身も、つらさを抱えた人の心の支援に携われるようになりたいと思い、臨床心理士の資格が取得可能で、さらに第1種指定校である大学院を学内に持ち、継続的な指導を受けることのできる本学科を志望しました。入学してもっとも感じるのは、川崎医科大学附属病院や川崎医科大学総合医療センターなど、実習環境が充実していること。臨床現場でのリアリティある学びを通して、ストレスを抱えた方や障がいがある方の心理的援助をしたいと考えています。新しい国家試験である公認心理師資格にもチャレンジ予定です。

卒業生の声

心の専門家として、多角的な視点を学んだ学生時代。

卒業生の声
臨床心理士として、入院中の患者さんに対する心理面のサポートや心理検査による評価を行っています。患者さん・ご家族との関わり、医療スタッフとの連携に必要となる、多角的な視点からものごとをとらえる姿勢は、本学の学生生活の中で、自然と身に付きました。本学では基礎心理学はもちろん、実習や他学科との合同講義も豊富で、医療と福祉を統合的に学べ、他分野の知識を深めることができました。