健康体育学科 受験生へメッセージ Department of Health and Sports Science

在学生の声

運動の力を通して、健やかな社会をつくりたい。

在学生の声

竹内 彩音さん(岡山県立総社南高等学校 出身)

将来、運動を通して健康をサポートする健康運動指導士を目指して本学を選びました。体育教諭や養護教諭、警察官、消防士などを目指す仲間と運動を通してコミュニケーションを取っています。超高齢社会では、病気や怪我を未然に防ぐ「予防医学」の考えが不可欠です。医学と福祉の面から運動を学ぶことで、健康運動指導士としてより活動の場が広がると考えています。

卒業生の声

体の健康を通して高齢社会を支える運動指導士として。

卒業生の声

倉敷市真備健康福祉館(まびいきいきプラザ) 勤務 栗原 勇太さん(高知県立岡豊高等学校 出身)

健康運動指導士として、幅広い世代を対象とした運動指導を行っています。長寿高齢社会が進む中、健康寿命延伸のために安全かつ効果的な運動指導が求められ、運動指導士は今後もその役割が重要になると考えます。大学では楽しいことやつらいことなどを経験する中で自分の価値を高め、進む道を選択してください。