健康体育学科 受験生へメッセージ Department of Health and Sports Science

在学生の声

先生方の熱い指導に日々、背中を押されます。

在学生の声

神門 優行さん(岡山県立総社南高等学校 出身)

スポーツに関わる職業に就くために、健康運動指導士の資格取得を目指しています。本学科はスポーツの各分野を科学的な視点で学べる環境が整っていて、また地域に根差した運動教室を行っているのが特徴です。スポーツを通して地域・社会にアプローチを図る学問なので、明るく元気でユニークな学生が多いと思います。難しい課題もありますが、学生同士で支えあい、乗り越えています。

卒業生の声

運動指導を通して、⼈々の健康を応援します。

卒業生の声

内定:笠岡第一病院 健康増進クラブONE佐藤 亜美さん(岡山県立倉敷中央高等学校 出身)

本学科では、スポーツや身体についての専門的な知識や技能を学びました。体育教師、養護教諭、消防士など夢は様々ですが、みんなで切磋琢磨し、多彩な授業や実習でコミュニケーション能力や協調性を身に付け、成長できました。私は4月から運動指導を通して人の健康づくりに携わり、人の幸せづくりのお手伝いをしていきます。

体の健康を通して高齢社会を支える運動指導士として。

卒業生の声

倉敷市真備健康福祉館(まびいきいきプラザ) 勤務栗原 勇太さん(高知県立岡豊高等学校 出身)

健康運動指導士として、幅広い世代を対象とした運動指導を行っています。長寿高齢社会が進む中、健康寿命延伸のために安全かつ効果的な運動指導が求められ、運動指導士は今後もその役割が重要になると考えています。大学では楽しいことやつらいことなどを経験する中で自分の価値を高め、進む道を選択してください。