受験上の配慮希望についてAbout examination consideration on examination

障がいを有する人の受け入れ

障がい(学校教育法施行令第22条の3に定める身体障害の程度)を有する人でも、本学の教育目標およびアドミッション・ポリシーに相応しい限り、入学していただくことができます。ただし障がいの程度により、受験上および修学上必要とされる配慮が異なることや、入学しても目標や目的を達成できない場合がありますので、志望する学科・専攻との事前相談が必要となります。出願の前に必ず川崎学園アドミッションセンターにお申し出ください。病気または怪我などで療養中の場合も事前にお申し出ください。なお、併願の場合は、志望する学科・専攻ごとに事前相談が必要となります。

事前相談の方法

事前相談は以下の1.~3.の順に進めます。

  1. 受験上および修学上の配慮を希望する志願者は、出願前に電話等で川崎学園アドミッションセンターへご連絡ください。
  2. 志望する学科・専攻の担当者が、志願者またはその立場を弁代しうる方(保護者、出身学校関係者)との面談を行います。
  3. 「受験上の配慮事前相談書」(下記よりダウンロード)に、医師の診断書、障害者手帳等の写しを添付して、川崎学園アドミッションセンターに提出してください。

連絡先

川崎学園アドミッションセンター
〒701-0193 岡山県倉敷市松島288 TEL (086)464-1064(直通)
PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。ダウンロードはこちら