アセスメントポリシー

教育評価実施指針(アセスメントポリシー)

川崎医療福祉大学では、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)の3つのポリシーについて、以下のとおり学修成果等の検証を行う。

活用方法・目的

大学全体レベル

アドミッション・ポリシーの妥当性の判定、本学の現状把握、全学的な教学マネジメントや学修環境の改善等に活用する。

教育課程レベル

ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーとの整合性を判定するとともに、さらなるカリキュラムの進化を促進する。

授業科目レベル

各科目の成績評価の妥当性や授業の質の担保に活用する。

検証方法

  1. 年に一回程度、自己点検・評価委員会より、評価指標を各学科・専攻に提示し、教育課程レベル、授業科目レベルの検証を指示する。
  2. 各学科・専攻単位で、評価指標を基に教育課程レベル、授業科目レベルの検証を行い、報告をとりまとめる。
  3. 自己点検・評価委員会にて各学科・専攻より教育課程レベルと授業科目レベルの報告を行うとともに大学全体レベルの評価指標と合わせて本学の教育で達成すべき質的水準を満たしているか検証する。

評価指標

評価指標は別表に定める。自己点検・評価委員会で定期的に指標の見直しを行う。