大学の求める教員像及び教員組織の編制方針Policy on internal quality assurance

求める教員像

川崎医療福祉大学の教員には、本学創設の理念並びに教育理念・教育目標を十分に理解し、学生への深い愛情と豊かな人間性、優れた教育力をもつ教員であることが求められる。本学は医療福祉専門職を養成するという特殊性から、自らが医療福祉専門職の資格を有している教員と医療福祉専門職の養成に必要な基礎的学問を教える教員とに区分される。いずれの教員であっても、学生が社会規範と倫理的観念を備えた有能にして社会の要請に応え得る有為な医療福祉専門職に成長するよう指導を与え、資格取得を確実なものとするという使命を十分に自覚し、その職責の遂行に全力を尽くすべきである。また、自らが模範となるべく学習し、自己の専門分野と関連領域の学術研究に専心するとともに、国際的な発展と連携・協調を促進する必要がある。

教員組織の編制方針

  1. 教員組織の編制は、本学の求める教員像に合致した専任教員を、文部科学省の大学設置基準、大学院設置基準及び指定規則に基づき適切に配置する。
  2. 医療福祉専門職を養成するという本学の使命を遂行するために、学生に対して責任ある教育を行える教員組織を整備する。
  3. 専任教員の募集・採用・昇格は、適切性・透明性を保つために、本学教員選考規程に準拠して行う。
  4. 教員の資質の向上を図り、授業改善に取り組むためには、医療福祉研究センター並びに総合教育センターによる組織的活動を継続的に推進する。