沿革History

大学の沿革

人間らしく生きるために、私たちは、今何ができるか

人間らしく生きるために、私たちは、今何ができるか

私たちはみな、健康で文化的な生活を望んでいます。言い換えれば、私たち一人ひとりが本当に人間らしく生きようとするとき、健康であること、こころ豊かに生きることが、いかに大切であるかということです。
ヒューマニズムにもとづいた問題意識、そして優しい心。ともに考え、語り合い、助けあって生きる。そこに、私たちが求める福祉社会の原点があります。人類の未来の夢があります。そして今、私たちに、何ができるのか。
川崎医療福祉大学は、こんなことを皆さんとともに考え、実践するために、1991(平成3)年4月、開学しました。
1991年(平成3年)

川崎医療福祉大学開学

医療福祉学部(医療福祉学科・臨床心理学科)、医療技術学部(医療情報学科・感覚矯正学科・健康体育学科・臨床栄養学科)設置

1995年(平成7年) 医療福祉学部に保健看護学科、医療技術学部にリハビリテーション学科設置
1996年(平成8年)

川崎医療福祉大学大学院開設

医療福祉学研究科修士課程(医療福祉学専攻・臨床心理学専攻)、医療技術学研究科修士課程(医療情報学専攻・感覚矯正学専攻・健康体育学専攻・臨床栄養学専攻)設置

1998年(平成10年)

大学院に博士後期課程開設

医療福祉学研究科博士後期課程(医療福祉学専攻・臨床心理学専攻)、医療技術学研究科博士後期課程(医療情報学専攻・感覚矯正学専攻・健康科学専攻)設置

1999年(平成11年)

大学院医療福祉学研究科に保健看護学専攻修士課程、医療技術学研究科にリハビリテーション学専攻修士課程設置

学部・学科の入学定員一部変更、3年次編入学制度導入

2000年(平成12年) 医療福祉学部に医療福祉マネジメント学科・医療福祉環境デザイン学科設置
2001年(平成13年) 大学院医療技術学研究科にリハビリテーション学専攻博士後期課程設置
2005年(平成17年)

医療福祉マネジメント学部(医療福祉経営学科・医療秘書学科・医療福祉デザイン学科・医療情報学科)設置

大学院医療福祉学研究科に医療福祉マネジメント学専攻修士課程・医療福祉デザイン学専攻修士課程設置

2006年(平成18年) 大学院医療福祉学研究科に保健看護学専攻博士後期課程設置
2007年(平成19年) 医療技術学部 臨床工学科設置
2009年(平成21年)

大学院に医療福祉マネジメント学研究科開設

医療福祉マネジメント学研究科修士課程(医療福祉経営学専攻・医療秘書学専攻・医療福祉デザイン学専攻・医療情報学専攻)設置

医療福祉マネジメント学研究科博士後期課程(医療情報学専攻)設置

医療福祉学研究科保健看護学専攻修士課程に助産学コース設置

2010年(平成22年) 学部・学科の入学定員一部変更
2011年(平成23年) 大学院医療技術学研究科に臨床工学専攻(修士課程・博士後期課程)設置
2017年(平成29年) 医療福祉学部に子ども医療福祉学科設置
医療技術学部に臨床検査学科・診療放射線技術学科設置