保健看護学科 Department of Nursing

医療福祉学部保健看護学科の学生募集を2019年度入試から停止しています。

2019年4月より新たに保健看護学部保健看護学科として始動します。

人々の健康を包括的にとらえ、科学的根拠に基づいた知識と技術を用いて、人々の幸せに貢献する専門性の高い看護職者を育成します。

学科概要

これからの医療ニーズに応える看護職者を育成。

医療機関での治療・ケアだけでなく、地域や在宅での多様な医療ニーズにも応えうる看護職者を育成します。他職種と連携しつつ、医療安全・危機管理、災害時の看護も実践できる知識と技術を修得します。

資格・免許
取得を目指す主な資格・免許
●看護師[国家試験受験資格]
●保健師[国家試験受験資格](選択履修)

※公衆衛生看護学コース選択には人数制限があり、2年次末に選抜があります。

●養護教諭一種免許状(選択履修)
●高等学校教諭一種免許状[看護](選択履修)

〈保健師免許取得後申請〉

●第一種衛生管理者免許[国家資格]

「資格・免許」の詳細はこちらをご覧ください

「資格修得率」の詳細についてはこちらをご覧ください

就職データ

「就職データ」の詳細は、保健看護学部保健看護学科の「進路・就職」ページをご覧ください

教育理念・目的・教育目標

教育理念

保健と看護を統合して学び、健康から疾病までを一連のスペクトルと捉えて、常に人と悲しみや喜びを分かち合い、全人的なかかわりができることを基本姿勢とする。そして、豊かな人間教育の上に専門の知識や技術を習得して、保健・看護・医療・教育等の幅広い分野で活躍できる人材を育成する。

目的

保健看護学科は、人々の健康を包括的に捉え、科学的根拠に基づいた知識と技術を用いて、人々の幸せに貢献する看護専門職業人の養成を目的とする。

教育目標
  • 1. 保健・看護・医療・福祉の視点を持ち、看護職者として他職種と連携してチーム医療について理解を深める。
  • 2. 看護職者として必要な知識、論理的思考に基づく判断力と的確な基本技術を備えた包括的な看護実践能力を身につける。
  • 3. 医療安全や危機管理、災害で生じる健康問題への対応ができる基礎的知識と技術を身につける。
  • 4. 地域社会全体の健康問題を分析し、問題解決できる基礎的能力を身につける。
  • 5. 国際交流を通じて異文化における保健・看護・医療・福祉に対する理解を深める。
3つのポリシー