看護師 確かな専門的知識・技術と温かいこころで患者に寄り添う看護師

ほかの職業を見る

川崎医療短期大学看護科はこちら

看護師とは

厚生労働大臣の免許を受けて、保健医療福祉施設や地域・在宅などで、対象者の療養生活の援助や点滴の管理・観察など、治療の補助を行うことにより、疾病の予防や健康の回復を支援していきます。また、時には、人生の終わりを迎える人々やその家族の支援をします。様々な場で、個々人の生き方や価値観を尊重し、生命と生活を支えています。
ナースステーションにおいて看護師間で情報伝達をしています。看護師は複数のメンバーが協力しながら看護を実践するため、目標と情報の共有が欠かせません。
NICU(新生児集中治療室)で小さく生まれた赤ちゃんの看護をしています。

看護師として

Q活動の場は?
A今までの看護師は、主に病院やクリニックなど、医療機関で仕事をするイメージがあると思います。しかし、少子高齢化社会にともない、病院だけで医療が完結する時代ではなくなり、地域や在宅といった「人々の暮らしの場」で個々に応じた看護ケアのニーズが高まっています。また、近年、頻発する自然災害の被災地においても、看護師は必要とされてきており、医療機関のほかに、訪問看護や福祉関連施設、災害現場など、活躍の場はどんどん広がっています。
Q看護師になるには?
A看護師になるには、大学等で看護に関する科目を履修し、看護師国家試験に合格する必要があります。看護師には人間を幅広く理解する能力や根拠に基づき計画的に看護を実践する能力、多職種と連携・協働していく能力などが求められるため、免許を取得する前の教育では、これらの能力を培うための教育を受ける必要があります。特に臨地実習では、患者さんや地域の住民、施設の利用者さんの援助を実際に行い、看護師として必要な基礎的な能力を培います。この臨地実習での学びはその後の看護師人生の礎となるもので、苦労やしんどさもある反面、その分喜びや感動も大きなものです。
Q卒業後のキャリアアップは?
A看護師は、免許取得後も専門職として勉強を重ね、資質の向上を図ることが法律で決められています。臨床経験を積んだあと一定期間の研修を受講したうえで認定試験に合格して専門分野の認定看護師となったり、大学院に進学して専門看護師になるなどキャリアアップする道が開かれています。また、大学院修了後看護の教員や研究者になる道もあります。

看護師になるには

看護師になるには文部科学省・厚生労働省が指定した学校・短期大学・大学等において所定の課程を修め、看護師国家試験に合格する必要があります。

本学(保健看護学部保健看護学科)では看護師の国家試験受験資格は全員取得し、加えて保健師の受験資格を取得可能です(選抜による定員24名)。看護職者に必要な幅広い知識・技術を習得します。実習は隣接する川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターをはじめとする、川崎学園の医療福祉施設など充実した環境で行われ、学内の授業においても最先端の医療にかかわる医師や看護師から直接学ぶことが可能です。

本学で学ぶメリット

本学(保健看護学部保健看護学科)では看護師の国家試験受験資格は全員取得し、加えて保健師の受験資格を取得可能です(選抜による定員24名)。実習は主に隣接する川崎医科大学附属病院をはじめとする川崎学園の医療福祉施設でおこないます。学内での授業においても、最先端の医療に携わる医師と看護師から講義を受け、根拠に基づいた治療、管理、看護について学びます。さらに本学科には卒業後一定の条件を満たせば返還が免除される川崎学園奨学金制度があります。

医療福祉人になる川崎医療福祉大学で目指す職業