臨床工学専攻(修士課程・博士後期課程) Master's Program in Medical Engineering・Doctoral Program in Medical Engineering

「安全・安心で質の高い生活」を支援する
教育・研究指導者の養成

医療の安全・安心を支える高度な知識と豊かな人間性を備えた人材の育成

テクノロジーの目覚ましい進歩に伴って、医療機器、治療機器はますます高度化、複雑化していますが、この恩恵を享受するためには安全・安心が確保されていなければなりません。本専攻では、この安全・安心を提供できる高度な専門知識を持つとともに、幅広い人間性と見識を持った人材の育成と、先進的な医療技術、医用安全および生体工学分野における教育および研究活動が自律的に行える臨床工学の専門家および臨床工学系の大学および大学院のための教育・研究指導者となりうる人材の育成を行います。

医療技術の発展・深化を見据えた医用生体工学分野の研究

医療と工学の境界領域である医用生体工学分野は、最新のハイテクノロジーを駆使した医療機器・装置の有用性からも明らかなように、医学・医療へ大きく寄与しており、これからの医療技術の一層の発展と深化を推進していくことにおいても大きな役割を担います。医用生体工学分野の根幹をなす臨床工学の課題の一つは医療における診断や治療のための機器・技術の開発であり、本専攻ではこの医療技術の発展・深化を見据えた幅広い基盤研究や応用研究を行っています。