教員紹介Faculty introduction

岡正 寛子

岡正 寛子おかまさ ひろこ

職名
  • 学部医療福祉学部 子ども医療福祉学科 講師
就任日
2019年4月1日

学位・主な資格

社会福祉士
介護福祉士
博士(医療福祉学)

略歴

2001年
旭川荘厚生専門学院 介護福祉科 卒業
2003年
川崎医療福祉大学 医療福祉学部医療福祉学科 卒業
2003年
岡山県立備前緑陽高等学校 非常勤講師
2004年
岡山県立和気閑谷高等学校 非常勤講師
2005年
川崎医療福祉大学大学院医療福祉学研究科医療福祉学専攻修士課程 修了
2005年
鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部医療福祉学科 助手
2007年
鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部医療福祉学科 助教
2010年
備前市役所 社会福祉士(~2015)
2013年
川崎医療福祉大学大学院医療福祉学研究科医療福祉学専攻博士課程 修了
2015年
山陽学園短期大学 幼児教育学科 講師
2019年
川崎医療福祉大学 医療福祉学部子ども医療福祉学科 講師

主な担当授業科目

  • 学部精神保健福祉に関する制度とサービス、精神保健福祉の理論と相談援助の基礎、精神保健の課題と支援Ⅰ、精神障碍者の生活支援システム、社会的養護内容

所属学会および
学会活動

2003年6月~
日本社会福祉学会
2008年4月~
日本社会福祉士会
2009年10月~
日本地域福祉学会
2015年4月~
日本保育学会
2018 9月~
日本乳幼児教育学会

専門分野
研究テーマ

保育学(子ども環境学)
乳幼児期の成育環境整備

主な教育
研究業績

社会活動

日本社会福祉学会 第6期代議員

教育方針
研究指導方針

一人ひとりの子どもの成長と発達を保障していくためには、「子ども」はもちろん、保護者や地域を含めた「環境」にまで目を向け、支援していくことが必要です。「環境」は、多種多様です。他者を変えることは難しいですが、他者を理解し、共に成長することはできると思います。そのために、まず自分自身を知り、他者を理解するための知識と技術を大学生活の中で、一緒に学びましょう。

自己紹介

ソーシャルワークの現場では、常にクライエントが「生活者」であるという視点で支援してきました。そのため、出会う時間と場所だけでなく、未来を見据え、生活の中心となる「地域」のなかで切れ目ない支援をしていくことが大切だと思っています。
その視点をもつことができたのは、大学生活で様々な体験をしたおかげだと思います。学生の皆さんもこの学舎で多くの経験をし、自分を磨いてください。