教員紹介Faculty introduction

植田 嘉好子

植田 嘉好子 うえだ かよこ

職名
  • 学部医療福祉学部 医療福祉学科 准教授
  • 大学院医療福祉学研究科 医療福祉学専攻 指導教員補佐(修士課程)
就任日
2011年4月1日

学位・主な資格

社会福祉士
博士(医療福祉学)

略歴

2000年
大阪大学人間科学部 卒業
2000年
兵庫南農業協同組合 入組
2004年
東京福祉大学社会福祉学部(通信課程)卒業
2007年
川崎医療福祉大学大学院医療福祉学研究科医療福祉学専攻 修士課程 修了
2010年
川崎医療福祉大学大学院医療福祉学研究科医療福祉学専攻 博士課程 修了
2010年
川崎医療福祉大学 非常勤講師
2010年
環太平洋大学 非常勤講師
2011年
川崎医療福祉大学医療福祉学部医療福祉学科 助教
2014年4月
川崎医療福祉大学医療福祉学部医療福祉学科 講師

主な担当授業科目

  • 学部ソーシャルワーク実習・演習、ボランティア入門、介護技術演習、基礎ゼミナール、専門ゼミナール

所属学会および
学会活動

2005年9月~
日本福祉教育・ボランティア学習学会 会員
2007年4月~
International Institution for Qualitative Methodology 会員
2009年2月~
日本質的心理学会 会員

専門分野
研究テーマ

地域福祉教育
ボランティア活動
大学における障害学生支援
現象学的研究法

主な教育
研究業績

社会活動

2010年1月
日本プライマリ・ケア学会岡山支部会における講演 「現象学の基礎」
2013年6月
玉野市ボランティア連絡協議会・夏のボランティア体験事業事前研修会講演「“生き方”としてのボランティア」
2014年10月
新見市社会福祉協議会ボランティア入門講座「ボランティアでいきいきライフ」

教育方針
研究指導方針

学生の皆さんとともに「対人支援」について学び、人々を「支援」する意味について一から考えます。医療福祉のさまざまな理論や知識、情報を得ると同時に、学生の皆さん自身が「支援」に取り組む意味について深く納得することを目指します。

自己紹介

皆さんが「福祉」を進路として選んだ理由はいろいろあると思います。私ももともとは別の専門分野でしたが、阪神大震災を神戸で経験したり、大学時代にイギリスで1年間障害者へのボランティア活動を行ったことで、「福祉」の道を選ぶことになりました。私たち人間は一人ひとり異なり、それぞれ障害や困難を抱えることもありますが、ともに生きていくことができる社会を目指したいですね。家庭では2児の母として奮闘しています。