就職内定学生インタビューInterview

藤元 一聖

藤元 一聖

卒業年度
2021年度
学部学科
医療福祉学部 医療福祉学科
出身高校
岡山県立岡山東商業高等学校
就職先名
社会福祉法人 日本原荘
職種
生活相談員
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 中学生の時から、曽祖母が通っていたデイサービスにボランティアに行っていました。ボランティアで利用者の方と関わるうちに、高齢者に携わる仕事がしたいと思い始めました。オープンキャンパスに参加した際に在学生から、本学では国家試験のための講義や模擬試験が多くあること、ゼミの先生の手厚いサポートがあり不安や疑問を相談しやすいことなどを聞きました。また、現場で活躍するための実習や演習科目が充実していることを聞き、進学を決めました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A
入学時から、将来は高齢者と関わる仕事に就きたいと考えていましたが、就職進路を具体的に考えるようになったのは、3年次の実習後でした。3年次の特別養護老人ホームでの実習を通して、利用者やその家族だけでなく、地域の他機関や他職種との連携が重要だと感じ、県内で働きたいと考えました。また実習を通して、高齢の利用者の生活援助に携わりたいと思い、特別養護老人ホームで働きたいと考えるようになりました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 国家試験の勉強です。国家試験の勉強のため、4年次には学校での講義以外はなるべく勉強できるようアルバイトを休職し、通学中も勉強できるように要点をルーズリーフにまとめて、常に持ち歩くようにしていました。ゼミの先生も勉強方法を教えてくれたり、毎日国家試験の問題を出してくれたりと、国家試験に合格するために親身に協力してくださいました。また、学科が行っている模擬試験にも参加し、国家試験に向けて勉強に取り組むことができました。
Qそこで身に付いたことを教えてください
A 努力を続ける力が身に付きました。国家試験の勉強を始めるまでは、勉強が苦手で計画的に勉強をすることができず、一夜漬けをしてしまっていました。しかし、国家試験の勉強を始めてからは、計画を立てて勉強を進めるように意識し、模擬試験や国家試験の前日には一夜漬けをせず、いつも通りの時間に寝るようにしました。また、問題の要点をルーズリーフにまとめる際には、見返しやすいようにまとめられるようになりました。模擬試験で思ったように点数が伸びなくて悩んだ時も、要点をまとめたルーズリーフを見返し自分がやってきたことを確認することで、努力し続けるというモチベーションを保つことができました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A コロナ禍での就職活動でしたが、岡山県社会福祉協議会の福祉人材センターに登録し、合同説明会に参加しました。合同説明会に参加し、以前から興味のあった法人の職員の方と実際に話をすることで、法人の理念や職員の研修、働き方の説明などを聞くことができました。新型コロナウイルス感染症防止対策を十分に行った上で、施設の見学もさせていただきました。施設見学の際、疑問に思ったことを職員の方に質問することができ、不安も解消されていきました。私は就職先を決める際に人間関係も重視しており、職員の方と話をしていくうちに、この施設の方々と働きたいと思うようになり、国家試験の勉強も頑張ることができました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 大学の4年間で、大学の友人やアルバイト先の友人、実習先の職員の方など、多くの人と関わることが大切だと思います。国家試験などの勉強ももちろん大切ですが、大学生活の中でたくさんの人と関わることで、様々な新しい経験をすることができます。また、自分が悩んだり迷ったりしたときには大学やアルバイト先の友人、先生方などたくさんの方に相談することができると思います。学業とアルバイトなどを両立することは難しいかもしれませんが、周囲の人たちと相談、協力し合って楽しい学生生活を送ってください。