就職内定学生インタビューInterview

田村 萌華

田村 萌華

卒業年度
2020年度
学部学科
医療福祉学部 医療福祉学科
出身高校
岡山学芸館高等学校
就職先名
社会福祉法人雪舟会総社市西部地域包括支援センター
職種
ソーシャルワーカー
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 元々、将来は人の役に立つ仕事に就きたいと考えていました。高校3年生の時、実際に本学へ通う先輩の話を聞き、初めて「社会福祉士」という職業の存在を知りました。社会福祉士は、生活する上での身体的・精神的な課題を抱えている人のみに焦点を当てるのではなく、対象となる人の環境面も含めて支援していくことを知り、さらに興味を持ちました。私も社会福祉士となり、対象者の抱える問題を一緒に解決することで、快適な日常生活を送るサポートをしていきたいと思い、本学を志望しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A
2年次のソーシャルワーク実習で、地域包括支援センターに行ったことをきっかけに、進路を考え始めました。また、3年次の専門ゼミで、担当の先生が以前働かれていた地域包括支援センターでの話を聞き、そこでの社会福祉士の役割に魅力を感じました。特に、高齢者の自宅を訪問しながら、一人ひとりに応じたサービスを提供することや、住み慣れた地域で高齢者が孤立することのないよう、他機関と連携しながら支援していく点に魅力を感じました。私も社会福祉士の立場から、高齢者のサポートをしたいと強く思うようになり、進路を決定しました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 地域の高齢者に対し、認知症サポーターの養成講座を行ったことです。ゼミ活動の中で、大学付近のサロンへ出向き、認知症についての講演を行いました。高齢者の方にも分かりやすい講座内容、且つ、楽しんでもらうため「専門用語を使わないこと」「資料には図を入れて見やすくすること」「クイズやレクリエーションも取り入れること」を意識しました。ゼミ生同士で何度も意見を交換しながら事前準備を進め、当日無事に終えられた時は、大学生活で最も達成感を味わいました。また、学生が主体となり、一から何かを作り上げられたという経験は、とても良い思い出です。
Qそこで身についたことを教えてください
A 講座の開催を通して、高齢者と関わる際は、目線や表情などの非言語コミュニケーションが大事だと実感しました。非言語コミュニケーションの重要性については、大学の講義で学んでいましたが、実際に経験することで、より深く理解することができました。また、コミュニケーションを取る際は、ただ喋るのではなく、自分の言動が相手にどのような伝わり方をしているのかを考えながら話すことで、理解してもらいやすくなると感じました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 時間さえあれば、求人情報を見ていたことが思い出に残っています。中々求人が出にくい職種であるため、3年次の春休みから、気になる施設のホームページは細かく確認していました。 私は、就職活動を開始した当初から「地域包括支援センターで働きたい」と強く思っていたため、就職活動では、その思いが相手に伝わるよう意識して取り組みました。また、履歴書を作成する際は、まず自分自身と向き合い、就職活動の軸を決めました。事前にしっかり自己分析をしておくことで、面接試験もリラックスして受けられたのだと思います。時には、不安な気持ちになることもありましたが、ゼミの友人や学科の先生に相談することで、一人で抱え込まず乗り越えることができました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 大学の4年間は、本当にあっという間です。勉強や実習等など大変なこともあるかもしれませんが、自分のやりたいことを思いっきり楽しんでください!友達と遊んだり、アルバイトをしたり、旅行に行ったり、その経験は、社会に出た時きっと役に立つと思います。一日一日を大切に過ごし、思いっきり楽しい学生生活を送ってください!