就職内定学生インタビューInterview

首藤 美咲

首藤 美咲

卒業年度
2020年度
学部学科
医療福祉マネジメント学部 医療福祉経営学科
出身高校
福山誠之館高等学校
就職先名
独立行政法人労働者健康安全機構
職種
事務職
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 高校生の頃から「将来は人の役に立つ仕事に就きたい」と漠然と考えていました。特に、病気やケガで苦しみや痛みを感じている人の支えになりたいと考え、医療系の進学先を探しました。川崎医療福祉大学は自宅からも通える距離にあったため、生活基盤を大きく変えることなく勉強に集中できるというメリットを感じ、進学を決意しました。附属病院が隣接していることから、在学中は実際の医療現場に則した環境で学ぶことができたと思います。また病院実習を通して、病院で働くことの具体的なイメージも持ちやすくなり、大学卒業後の進路を考える際にも役立ちました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A
高校3年生の時から、将来は医療に関わる仕事がしたいと考え始めていました。具体的な進路を考えたのは、大学の講義を受ける中で、「私は病院の事務職として医療経営に携わりたい」と感じたからです。医療福祉経営学科では、病院実習に加えて診療報酬などの講義も充実していたため、将来病院で働く上で役立つ知識を幅広く身に付けることができたと思います。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 大学時代に一番頑張ったことは「高校生がジャズコンサートの運営を行う」という企画のサポート役をしたことです。1500人規模のコンサート演出が企画され、高校生たちと一緒に事前準備・当日の運営を行いました。高校生たちの疑問や困り事を一緒に解決しながら準備を進め、当日は生徒たちがスムーズに動けるよう、全体を見渡すことを意識して取り組みました。私は運営に関する知識がなく、サポート役を務めるのは大変でしたが、高校生たちと無事にコンサートを終えられたという経験は、他では体験できない貴重なものだったと思います。
Qそこで身についたことを教えてください
A この経験を通して身に付いたことは「置かれた状況の中で、自分にできることを最大限考え、実行する力」です。最初は、コンサート運営に関する知識のない私が、同じく運営経験がない高校生たちのサポート役をすることに戸惑いがありました。しかし、知識や経験がないからこそ、高校生たちの不安や焦りに寄り添うことができるのではないかと思い直しました。そして、自分からも積極的にコミュニケーションを取り、高校生たちの気持ちを汲み取ることで、問題点を一緒に解決していくことができました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 私の就職活動は、感染対策のためリモートで行われることが多かったです。しかし、現地に行って受けた面接がやはり印象に残っています。面接に向かう道中、受験先の病院で交通整理をしていた方が、リクルートスーツを着た私を見て「面接?いつも通りやってくればいいからね。」と声をかけてくださいました。リモート面接が続く中、対面面接は不慣れだということもあり緊張していましたが、その声かけで肩の力が抜け、いつも通りの自分を見てもらおうと前向きな気持ちになることができました。ちょっとしたコミュニケーションが大きな支えになることを体感した出来事でした。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 就職活動は、時間をかけて自分自身について考え、深く知ることができる貴重な時間だと思います。面接では自分の長所や短所についての質問をよくされますが、短所はともかく、自分の長所はなかなか見つけづらいと思います。そういう時は、友人同士でそれぞれの良いところを出し合うのが良いと思います。自分では当たり前だと思っていたことでも、今までの経験から培われた「自分だけの持ち味」が見つかることもあります。また、友人が見つけてくれた自分の良いところは、落ち込んだ時や自信を無くした時、自分の支えになります。これから就職活動を控え、不安に感じている方も多いと思いますが、周りに流され過ぎず、納得のいく進路を見つけることができるよう祈っています。