就職内定学生インタビューInterview

坂本 あいり

坂本 あいり

卒業年度
2019年度
学部学科
医療技術学部 健康体育学科
出身高校
広島修道大学附属鈴峯女子高等学校
就職先名
広島市教育委員会
職種
保健体育教諭
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 中学生の頃からの夢であった、「保健体育の教師」を目指し、免許が取得できる学校を探しました。本学は、免許が取得できるだけでなく、生理学や解剖学などの医療系科目があり、興味を持ちました。そして、健康学、体育学、医学における専門を学べるので、教員になって役に立ちそうだと思い本学を選びました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A
大学入学当時は、教師になることだけを目標にしていましたが、授業やボランティアなどを通して、運動指導士という仕事にも興味を持ちました。大学3年次から授業の内容が専門的になり、実習も始まり、進路を真剣に考えるようになりました。そこで、運動指導をする仕事も捨てがたく、運動指導士か教師かすごく悩みました。しかし、4年の教育実習で実際に生徒と関わり、教員になりたいという気持ちが強くなり、進路を決定しました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 私は、苦手であった器械運動の克服を頑張りました。その中でも、マット運動が一番苦手でした。しかし、教員採用試験の実技ではマット運動があり、教師ができなければ、生徒に教えることができないと思い練習をしました。先生に何時間も個人指導していただいたり、学科の仲間にもたくさん助けてもらいました。痛い思いをしながら乗り越え、できるようになりました。
Qそこで身についたことを教えてください
A 苦手なことは仲間を見つけ、一緒に練習してもらいながら克服していくと、乗り越えられると改めて分かりました。助け合う仲間がいたからこそ、教員採用試験の勉強もモチベーションを持続することができたのだと思います。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 3年の9月から本気で勉強するために広島の東京アカデミーに通いながら、学校生活を送っていました。実際に、現場で講師として働いている先生方との交流が多くあり、授業の進め方や話し方のレベルの高さに圧倒されたのを今でも覚えています。 たくさんの人と関わり、たくさんの考え方を自分のものにしていきました。勉強嫌いな私がこんなに必死になれたのは、同じ目標に向かって頑張ってきた仲間、そして支えてくれた家族、先生方のおかげだと思います。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 将来のことについて、たくさん悩みました。しかし、親身になって相談にのってくださる先生方がいるので、たくさん頼っていいと思います。資格試験の対策など、手厚くサポートしてくださいました。また、同じ目標に向かって頑張る仲間を見つけ、互いに高め合いながら頑張ってください。