就職内定学生インタビューInterview

吉本 早織

吉本 早織

卒業年度
2020年度
学部学科
医療技術学部 臨床検査学科
出身高校
倉敷青陵高等学校
就職先名
倉敷中央病院
職種
臨床検査技師
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 幼い頃から、よく祖父母の通院に付き添い、病院へ行く機会がありました。病院職員の方々を目にしているうち「医療」というものに興味が沸き、中学生の時には、将来医療従事者として働きたいと考えていました。また、姉が臨床検査技師として働いており、姉から仕事のやりがいや責任について話を聞いているうち、自分も臨床検査技師になるという目標ができました。進学先を調べる中で、川崎医療福祉大学では学内の講義に加え、1年間の病院実習があることを知りました。実際の医療現場で、臨床検査技師の業務や患者さんへの対応方法を学ぶことで、将来臨床検査技師として働くための実践力を身に付けることができると思い、進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A
倉敷中央病院は、自分が通っていた高校のすぐ近くにあり、また実際に入院した経験もあったことから身近に感じていました。そのため、大学入学当初から倉敷中央病院で働きたいと思っていました。本格的に就職活動を始めたのは、倉敷中央病院の採用情報が出た4年次の6月頃です。私の就職活動中は、コロナ渦で思うように病院見学へ行けない状況ではありましたが、いくつかの病院が見学を受け入れて下さいました。複数の施設でお話を聞けたことで「自分が働きたいと思う病院はやはり倉敷中央病院しかない」と強く感じることができました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 勉強とアルバイトの両立です。2年次になると実習の時間が増えたため、実習の勉強をしながらアルバイトの継続は大変でした。しかし、毎日の生活の中で、きちんと計画を立ててから勉強することで、どちらも無理なく両立することができました。また、自分のやるべきことをこなす為には、事前に計画を立てて取り組むことの大切さも改めて感じました。アルバイトでは、覚えることが多く大変だと感じることもありましたが、相談できる上司がおり、新しい仲間もできたため、働くことが楽しいと思わせてくれる場所になりました。そのため、単位を落とすことなくアルバイトも楽しく継続できたのだと思います。
Qそこで身についたことを教えてください
A コミュニケーション能力を身に付けることができたと思います。元々、人と話すことは嫌いではないのですが、初対面の人の前では緊張してしまい、咄嗟に言葉が出ないことがありました。しかしアルバイトを通じて、自分からお客様に話しかけることができるようになり、初対面の人との会話にも苦手意識はなくなりました。この経験は、病院実習の際、患者さんへの対応にも活かすことができました。これから先、病院で働く上でもコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 就職活動時は、コロナ禍により開始が遅れてしまった卒業研究や、国家試験の勉強等、就職活動の他にもやらなければいけない事が多く、大変でした。しかし、学科の先生が何度も就職活動のアドバイスをして下さったおかげで履歴書を書き進めていくことができました。また、就職試験でできなかった研究は、同じゼミのメンバーが進めてくれました。たくさんの人のサポートのおかげで、無事に就職活動を終えることができたと感じています。例年の就職活動とは違うところが多くあり、不安なことはたくさんありましたが、その分、家族や先生方、友達に助けてもらう場面が本当に多く、心から感謝しています。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 大学4年間は、長いようで本当に短いです。春からは、社会人として憧れの病院で働けることを嬉しく思うと同時に、今までの学生生活とは違い、自分のやりたいことを自由な時間にできなくなるという思いもあります。大学の4年間で、勉強、アルバイト、遊びなど、今しかできないことたくさん経験することは、とても良いことだと思います。たくさんの人と出会い、話をすることで、自分の視野を広げてください。どんな経験でも、必ず自分の為になると思い、大学生活を過ごしてほしいです。