就職内定学生インタビューInterview

中村 祐子

中村 祐子

卒業年度
2020年度
学部学科
医療技術学部 臨床工学科
出身高校
岡山県立岡山朝日高等学校
就職先名
国立循環器病研究センター
職種
臨床工学技士
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 元々、医療関係の仕事をしたいという思いがありました。また、前職での経験から「救命」に対する思い入れが強く、人の命を救う職業に就きたいと考えていました。特に臨床工学技士は、医療職種の中でも「医療機器を扱うという物理的・化学的側面」と「患者さんと直接関わる臨床的側面」という二面性を持ち合わせている点に惹かれました。臨床工学技士は、全国的に見ても養成校が少なく、どこへ進学するか悩みましたが、本学は高い国家試験合格率を誇っていることに魅力を感じました。また、川崎医科大学附属病院や川崎医科大学総合医療センター等の充実した実習環境が決め手となり、進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A
入学時より、人工心肺業務に興味を持っていたため、将来は循環器系の病院へ就職したいと考えていました。しかし、この時点では、なぜこの業務がやりたいのか、明確な理由が持てずに過ごしていました。具体的に進路を考え始めたのは、3年次の臨床実習の際、人工心肺業務をしている方から、仕事のやりがいやこの分野を志した理由を聞いたことがきっかけです。人工心肺を操作することは、臨床工学技士としての救命活動であり、これこそ私が理想とする仕事だと強く実感しました。また、講義や実習で循環器について学習する中で、その疾患や構造・機能等の奥深さに触れ、もっと学びたいと思い、進路を決定しました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 資格取得です。学生時代は、社会人の時と比べて自分の時間が多く確保できたため、様々な資格の取得に励みました。臨床工学技士に関係するものだけではなく、それまで挑戦しようと思いつつも断念していた資格にも積極的に挑戦しました。様々な資格を取得した理由は、主に二つあります。一つ目は、履歴書に明記することで、勉学に対する姿勢をアピールできるからです。二つ目は、新しい知識を自分の中に取り入れることで、自分自身の視野を広げたいと考えたからです。時には、資格試験日が大学の中間テストや期末テストと重なり、勉強の両立には苦労することもありました。しかし、そのような環境だからこそ、限られた時間を有効に使い、計画を立てて勉強することの重要性を実感しました。
Qそこで身についたことを教えてください
A 資格取得の勉強をする中で、講義だけでは学べない知識も多く得ることができました。その知識を生かして実習に臨むことで、実習をより有意義なものにすることができたと思います。また、試験に向けて勉強のスケジュールを立て、計画的に取り組んだおかげで、自分自身の計画力や実行力、主体性を伸ばすことができました。さらに「合格」という達成感を味わうことで、モチベーションを維持しながら4年間を乗り越えられたと思います。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 何度も志望動機を再考したことが思い出に残っています。循環器系の病院に行きたいという思いは早くから固まっていましたが、いざ志望動機を書いてみると、どの病院にも当てはまるような文章になってしまいました。そこで先生方からご指導を頂き、なぜその病院でなけれなならないのかを伝えるため、何度も履歴書を書き直しました。その際、野球の大谷翔平選手が導入していた「マンダラチャート」というツールを使い、最終目標や目標達成のために必要なことを分析しました。また、志望先の病院理念を基に、自分に求められている能力を分析し、自分の就職後のビジョンを固めていきました。こうした分析を深めることで、就職がゴールではなく、就職後にどのような臨床工学技士になっていくのかが重要であることを改めて感じました。また、自分が理想とする臨床工学技士像や、その病院で達成するべきことなども具体的になり、面接試験でも自信を持って発言することができました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 大学生活は、一番時間が使いやすい時だと思います。私は、4年間でやりたいことを全てやり切ろうと思い、オーストラリア研修や海外旅行に行きました。海外では、日本とは異なる文化や慣習を実際に体験でき、新しいものの見方や考え方を取り入れるきっかけとなりました。知らないことを経験することで、一回りも二回りも成長できたと思います。私の好きな言葉の一つに「今日が人生で一番若い日」という言葉があります。これからの一日一日を大切にして、有意義な学生生活を過ごしてください。