就職内定学生インタビューInterview

浜田 果紗羽

浜田 果紗羽

卒業年度
2020年度
学部学科
医療技術学部 リハビリテーション学科作業療法専攻
出身高校
岡山県立岡山芳泉高等学校
就職先名
学校法人川崎学園
職種
作業療法士
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 父の病気がきっかけで、小学生の頃からリハビリテーションに関わる仕事に興味がありました。高校3年生の時にオープンキャンパスに参加し、本学では隣接する川崎医科大学附属病院で1年次から見学や実習ができるということを知りました。実際の臨床現場を早期から学べる恵まれた環境に魅力を感じ、進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 1~3年次の間は、将来病院に就職したいという漠然とした思いはあったものの、具体的な進路(精神障害領域・身体障害領域・急性期・回復期など)は全く考えていませんでした。4年次の臨床実習で、身体障害領域の病院に2か所行かせて頂きました。そこで様々なことを学び、急性期のリハビリにやりがいと魅力を感じました。臨床実習終了後、具体的な進路の方向性を定め、就職支援センターで求人検索や資料閲覧をするなど本格的に就職活動を開始し、川崎学園を受けることに決めました。川崎医科大学附属病院・川崎医科大学総合医療センターはどちらも急性期や回復期を含む総合病院であるため、様々な分野の作業療法を学ぶことで成長できると考え、決断に至りました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 勉強とアルバイトの両立です。1年次から骨・筋の口頭試問があり、学年が上がるにつれ勉強の内容も専門的になりました。さらに、3年次からは附属病院の実習、4年次には臨床実習と国家試験に向けた勉強が本格化していきました。そんな中でアルバイトも掛け持ちしていたため、忙しい日々が続きましたが、大学生活をより楽しむ為に勉強もアルバイトも全力で取り組んだ日々は、楽しく充実していた良い思い出です。
Qそこで身についたことを教えてください
A 勉強とアルバイトを両立させるために「やる時はやる」ということが大切であると学びました。勉強する時は、集中力を高めて学習する力が身に付きました。限られた時間の中で知識の定着を図るため、自分に合った効率の良い勉強法を意識してテスト勉強に取り組んでいました。また、友達と一緒に勉強することで分からない箇所を教えあったり、モチベーションを維持することもできました。アルバイトでは、様々な年代の方と接することにより、コミュニケーション能力が高まったと思います。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 就職支援センターの方には、履歴書を書き始めるところから面接練習まで優しく丁寧に指導して頂きました。最初は不安なことが多くありましたが、改善点やアドバイスだけでなく、自分の良い所を褒めて下さったことで不安が減るとともに自信がつき、緊張感がありつつも落ち着いて就職試験に挑むことができました。また、友人と学科の先生とともに集団面接の練習をした時は、本番さながらの緊張感があり、良い練習になりました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A
大学4年間は、長いようであっという間に終わると思います。勉強はもちろん大事ですが、遊びや旅行、アルバイトなど自分のしたいことに積極的に挑戦して、有意義な時間を過ごしてください。度々の試験や実習に苦しんだり、進路に迷い悩むこともあると思いますが、息抜きしつつ乗り越えていってください。友達や先生方も支えになってくれると思います。楽しい思い出をたくさん作って、悔いの残らない大学生活を過ごしてください。