就職内定学生インタビューInterview

亀石 沙代子

亀石 沙代子

卒業年度
2019年度
学部学科
医療技術学部 リハビリテーション学科作業療法専攻
出身高校
岡山県立倉敷古城池高等学校
就職先名
倉敷中央病院
職種
作業療法士
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A オープンキャンパスに参加した時、先生や先輩がとても優しく、大学や、学科のこと、また作業療法士の仕事について判り易く教えてくださり、魅力的に感じたからです。隣接する附属病院での見学・実習が早期にあること、先輩・後輩との繋がりを大切にしていること、先生方からのサポートが手厚いことなどにたくさんの魅力を感じ、進学を決意しました。また岡山・倉敷へのアクセスもよく、近隣には多くの飲食店もあり、充実した大学生活を送ることができると感じました。実際に4年間過ごし、先生方、先輩・後輩の応援をいただきながら、充実した環境の中で、勉強や実習、また時間を見つけてしっかりと遊び、充実した大学生活を送ることができました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 大学入学前から作業療法士になりたかった私は、就職先は病院にしたいと考えていました。入学して、先生方のお話や、実際に病院の見学や実習にいくうちに、急性期に興味をもち始めました。県内での就職を考えていたため、県内の急性期の病院の中でも倉敷中央病院への就職を、大学2年次の時に考えるようになりました。倉敷中央病院以外の病院も見学にいったり、ホームページを見たりしましたが、やはり、倉敷中央病院で働きたいという気持ちに迷いはなかったので、倉敷中央病院に就職するため、担任の先生や就職支援センターの方々に相談して手続きを行いました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 勉強・実習と、クラス委員の仕事の両立です。1年次から骨・筋の口頭試問があり、学年が上がるにつれて勉強の内容も専門的になっていきました。3年次からは附属病院での実習、学年末から4年次の夏まで、各地に散らばり長期実習がありました。勉強や実習は簡単なことではなく、先生方やクラスメイトの力を借りて共に乗り越えてきました。将来、チーム医療に携わるため、私はクラスを”ONETEAM”と考え、年生の時から積極的にクラスメイト全員とコミュニケーションをとり、クラス全体でのイベントを企画・開催することで、団結したクラスを作ることに力を注ぎました。
Qそこで身についたことを教えてください
A 今まで座学や学内で学んできたことを臨床場面で活かす長期実習では、知識・技術面で自分の勉強や経験不足を痛感することもありました。しかし、自分たちのできる精一杯を提供させていただいた時、今まで学んできたことが患者様にこんなにも喜んでいただけると実感し、勉強への意欲・姿勢が変わってきました。私たちの勉強不足が患者様にとってどんな影響を与えてしまうのか、信頼関係を構築するためにももっと頑張ろうという意識をもてるようになりました。また、早期に”ONETEAM”であった私たちは、勉強や実習で気持ちが負けてしまいそうなときも、課題を乗り越えたときも、共有して、団結力を発揮してきました。先生方やクラスメイトの存在の大きさ、チーム医療の大切さを感じられました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 3年次の3月から長期実習へ行くため、2月頃から就職支援センターへ行き、就職活動の進め方やアドバイスをもらっていました。就職支援センターの方々はとても優しく丁寧で、親身になって相談にのってくださいました。私の就職活動の全盛期は実習中でしたが、書類の書き方の指導、面接練習を何度もしてくださったおかげで就職活動や就職試験に不安を感じることなく行うことができました。就職試験前日に就職センターの方とお会いした時には、「明日は頑張ってね,絶対大丈夫!」と言ってくださり、多くの学生を担当されているのに試験日を把握してくださっていたことに驚きと嬉しさを感じました。就職支援センターの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A
川崎医療福祉大学での大学4年間はあっという間に過ぎていくと思います。勉強や実習など乗り越えていかないといけないことはたくさんありますが、将来医療の現場に出て、患者様やそのご家族と関わらせていただく際に、強み・魅力となります。そのため、自分の強みを活かせる分野(身障分野,精神分野)や期(急性期,回復期)を、早くから意識しておくことがいいのかなと思います。しっかりと学び、しっかりと遊んで充実した大学生活を送ることができる川崎医療福祉大学はオススメだと思います。これを読まれている学生さんにとって充実した4年間となりますように。