就職内定学生インタビューInterview

井村 有希

井村 有希

卒業年度
2020年度
学部学科
医療福祉マネジメント学部 医療秘書学科
出身高校
愛媛県立今治北高等学校
就職先名
日本赤十字社 松山赤十字病院
職種
診療情報管理士
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 幼い頃からスポーツをしていたため、怪我をすることも多く、度々病院を受診していました。その際、病院の受付の方の対応で気持ちが落ち着くことが何度もありました。そのため、私も将来は患者さんの不安を少しでも取り除けるような人になりたいと強く思い、医療事務員に興味を持ちました。高校生になり進路を考えた際、本学科が全国で唯一、4年制大学として医療秘書を養成していることや、在学中に附属病院での病院実習ができることを知り、オープンキャンパスに参加しました。オープンキャンパスでは、実際に医療秘書学科の先輩方の立ち居振る舞いを目にし、私も4年後、先輩方のようになりたいと強く思い、本学への進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 入学時より、将来は病院で働きたいと考えていました。学内で行われている就職ガイダンスに3年次から積極的に参加し、就職活動の進め方や履歴書を書く際の注意点などを事前に学びました。病院見学に申し込むなど、本格的に動き始めたのは3年次の夏頃です。しかし、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの病院で見学や説明会が中止になってしまいました。何が起こるか分からないため、就職活動は早めに始めることをおすすめします。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A
資格取得です。本学科では「診療情報管理士」「診療報酬請求事務能力認定試験」「秘書技能検定」等、難易度の高い資格取得にも挑戦することができます。勉強中も部活動やアルバイトを継続していたため、忙しく感じる時もありましたが、その日必ずするべきことを決め、計画的に学習しました。検定の期間になると、友人と分からないところを教え合ったり、お互いに問題を出し合ったりしながら、仲間と毎日夜遅くまで勉強に励みました。
Qそこで身についたことを教えてください
A 積極的に資格取得に取り組むことで、医学の専門知識や医療保険制度、社会人に必要なマナーなど多くの知識を身に付けることができたと思います。また、学習時はまずしっかりと計画を立て、自分の苦手なところを分析しながら行うことが大切であると改めて気付くこともできました。目標を立て、様々な資格に挑戦することにより、知識が身に付いただけではなく、自分自身の大きな自信にも繋がりました。この経験は、就職活動時にも自分の強みとしてアピールすることができました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 新型コロナウイルス感染症の影響で、就職活動が思うように進まなかったことです。病院見学の中止、選考日の延期、面接のオンライン化など、突然の変更を余儀なくされる場面が多くありました。また、学内への立ち入り禁止で就職支援センターに行けなくなることは予想しておらず、当初はとても戸惑ってしまいました。しかし、先生方が励ましてくださったおかげで、前向きな気持ちで頑張ることができました。私の就職活動中は感染者数の増減が激しく、いつ試験日が変更になるか分からなかったため、毎日受験先のホームページを確認し、いち早く情報を取り入れることを意識していました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 就職活動は早めに開始し、多くの情報を得ることが大切だと思います。自分で情報を集めることもとても大切ですが、先生や先輩方にも相談しながら、より多くの情報を取り入れてください。私が就職活動をしていく中で一番大切だと感じたことは、普段からたくさんのことに挑戦し、色々な経験をしておくことです。面接では、履歴書の内容を深堀りされることが多々ありますが、普段から色々な経験をしておくことで、自分の答えに自信を持つことができると思います。毎日の積み重ねが就職活動にも繋がっていると思うので、何か特別なことをしようと焦るのではなく、一日一日を大切にしてください。就職活動は不安なこともたくさんあると思いますが、積極的に頑張ってください!気分転換も忘れずに!