就職内定学生インタビューInterview

浅野 舞夏

浅野 舞夏

卒業年度
2021年度
学部学科
医療福祉マネジメント学部 医療秘書学科
出身高校
岡山県立高梁高等学校
就職先名
地方独立行政法人 大阪府立病院機構
職種
事務系総合職
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 高校入学時から将来は医療の道に進みたいと思っており、従姉妹が本学に進学したと聞き、興味を持ちました。実際に現場で働いていらっしゃる医師の講義を受けられる点や、様々な講義を受講することで多方面のスキルアップができること、3年次には附属病院で病院実習ができることを知り、サマースクールやオープンキャンパスに参加しました。学科の先生や先輩方のお話を聞き、この学科で4年間学んでいきたいと強く思い、本学への進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 入学前から病院への就職を考えていましたが、本格的に進路を考えるようになったのは3年次の秋学期からです。私たちの一学年上の先輩から新型コロナウイルス感染症の影響を受け、スムーズに就職活動ができなかったと聞きました。私たちの年も必ず影響を受けると思ったため、早い時期から病院研究や自己分析、WEB試験対策を行いました。早く始めたことによって、じっくりと時間を掛けながら、本格化する就職活動への準備を整えることができました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 資格取得です。本学科では「診療情報管理士」「診療報酬請求事務能力認定試験」「秘書技能検定」等、難易度の高い資格取得に挑戦できます。アルバイトや他の講義の勉強と並行しながら資格取得へ向けた勉強をしたため、忙しく感じることもありましたが、優先順位を決め自分がどこを理解していないのかを明確にしながら勉強しました。また、友人と勉強することで、お互いに教え合い切磋琢磨しながら資格取得に向け励むことができました。
Qそこで身に付いたことを教えてください
A
資格取得に向けての勉強をする中で、医療に関する専門知識や医療保険制度、マナーについての知識はもちろん、継続する力を身に付けることができたと思います。資格試験では結果が実らない時もありましたが、失敗は学びのチャンスであり、諦めず必ず成し遂げるという気持ちを持ち、絶えず挑戦し続けることが大事だと実感しました。また、苦手な分野が出てきた場合に、自分一人でがむしゃらに挑むのではなく、周りにいる方々にも助けを貰いながら挑戦することでより理解を深められることに改めて気づくことができました。この経験は就職活動時に自分の強みとしてアピールすることができました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 私が内定をいただいた病院については、事務系総合職に関する先輩の受験報告書がなかったため、普段の講義に加え卒業研究や秘書検定サークルの活動を行いながら、病院の情報を一つ一つ自分自身で集める必要がありました。不安な中、並行して進めていくものが多くあり、挫けてしまいそうな時が何度もありましたが、医療秘書学科の先生方や就職支援センターの方、先輩、友人からの手厚いサポートや多くの応援の言葉をもらえたことで、就職活動に向けて気持ちを入れ直し、無事第一希望の病院から内定をいただくことができました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 就職活動は、早めの行動と情報収集が大切です。また、県内外を問わず多くの医療機関や、企業を見て選択肢を多く持つことも大切だと思います。さらに、4年間の大学生活の中で多くのことに挑戦し、いろいろ考え、様々な経験を積んでおくことで、就職活動時に自信を持って「自分」をアピールすることができます。これから就職活動を進めていく中で、不安に駆られることも多くあるかと思いますが、自信を持って積極的に頑張ってください!