就職内定学生インタビューInterview

吉田 紗也加

吉田 紗也加

卒業年度
2019年度
学部学科
医療福祉マネジメント学部 医療秘書学科
出身高校
広島県立因島高等学校
就職先名
全国健康保険協会
職種
総合職
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 元々身体が強くなかったこともあり、私にとって病院は近しい場所でした。その中でも医療事務職は、より話しやすく、身近な雰囲気を感じていたため、わたしも医療事務職として患者さんを支えたいと考えるようになりました。調べる内に、医療秘書という職種を知り、興味を持ちました。本学科は、唯一の4年制医療秘書養成校ということや、2つの附属病院で実習ができたり、海外研修もあること等を知り、よりハイレベルな医療秘書を目指して本学を志望しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 2年次の頃から、様々な経験が積めそうな大きな病院に行きたいと考えはじめました。実習後もその思いは変わることなく、県内外問わず希望が叶えられそうな病院を探すとともに、3年次の秋冬にはインターンシップや合同説明会に参加しました。
また、学内の就職対策講座は、就活について分からないことを解消でき、どんな準備をしていかなければならないのか事前にイメージできる機会として、毎回出席していました。やはり、分からないことはプロに聞くのが一番です。皆さんもぜひ積極的に参加しましょう!
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A
9週間の学外実習です。
医事課や、診療録管理室、医科大学の皮膚科学教室などの様々な部署で、それぞれ異なる業務を実習させて頂きました。
心療科受付の実習中には、患者さんの名前を呼ばずに側まで行って話すことや、高すぎたり、大きすぎない声のトーンで会話されていることが印象に残っています。単に業務を遂行するのではなく、患者さんがより心地よく病院で過ごせるよう、真に求めていることは何か、自分は何ができるのかを問いながら取り組むようにしました。
Qそこで身についたことを教えてください
A 組織の一員として働くためには、相手とより良い関係を築き、信頼されることが大切だと深く理解しました。そのための第一歩として、コミュニケーションを円滑にすることは不可欠だと気づきました。
例えば、職員の方に質問する際には、漠然とするのではなく、「自分としては~~まで分かっていて、--からがわからない」「~~という解釈で合っているのか」のように具体的に述べることは、相手に相違なく伝える手段の1つとして、身につけました。
また、同様に、身だしなみや笑顔・挨拶も自分の印象を決める大切な要素だと知りました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 面接時に提出しなければならない成績証明書を家に忘れてしまったことです。神奈川県である面接のため、夜行バスで東京へ向かっていたときに気がつきました。運良く、気づいた場所は岡山県の山奥だったため、そこでバスを降ろしてもらいタクシーに乗って家まで帰りました。その際、バスの運転手の方に事情を話すと、就活がんばれ!と応援していただきました。その他にも、就活中には、いろいろな方面からの支えを感じ、みんなが応援してくれているということに改めて感謝する機会となりました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 就活中は周囲と自分を比べて、自分には秀でたところなんてない。と落ち込むこともあるでしょう。
しかし、自分にとってはちっぽけだと感じていることでも、他の人にとっては珍しい、すごいと思えることは多くあると思います。今一度、これまでの自分を作ってきたエピソードを掘り起こし、どう乗り越えたのか、そこから何を学んだのか、そしてそれをどう活かしていくのか、自分の言葉で表現してみてください。
うまく言おうとか、必要以上に自分を良く見せようと思うのではなく、等身大の自分を選んでもらうという気持ちでぜひ臨んでください。そうすれば、自分を認めてくれる場所はきっとあると思います。応援しています!