就職内定学生インタビューInterview

飯野 有理奈

飯野 有理奈

卒業年度
2020年度
学部学科
医療福祉学部 保健看護学科
出身高校
岡山朝日高等学校
就職先名
岡山市
職種
保健師
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 大学病院へ通院していた家族の付き添いで、幼少期から医療と接する機会がありました。医療現場で活躍するスペシャリストを目にするうち、幼いながらに医療というものに興味を持ちました。中でも、看護師の方は家族に優しく寄り添い、献身的な看護をして下さいました。その姿を見て、看護師という職業に憧れを抱き、自分も看護師になりたいと思いました。進学先を選ぶ際、大学生活は遊ぶだけの時間にしたくないと考え、学習環境を重要視しました。本学は、学習設備が充実している上、実習も附属病院で経験できることに魅力を感じ、ここなら密度の高い学問が受けられると思い、志望しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 1年次からぼんやりと、頭の中で将来に対する考えを巡らせていました。「どの県に就職するのか」「何科が面白いのか」「そもそも看護師なのか保健師なのか」そのような疑問が生じる度、就職支援センターへ足を運んでいたことを思い出します。本格的に動き始めたのは、3年次の春からでした。看護師と保健師のインターンシップや説明会に片っ端から参加し、看護師と保健師のどちらを目指すか、その答えを出すのに必死でした。就職活動を進めるうち、保健師の活動領域の広さや、職務の奥深さにとても魅力を感じるようになりました。また、対象とする人の健康レベルや年齢等が様々であり、そのようなジェネラルな保健活動にチャレンジしてみたいという思いが芽生えました。進路決定の決め手となったのは、実習でお世話になった先生に相談したことです。学科の先生が保健師の道を後押ししてくださり、本格的に保健師を志すようになりました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 勉学に勤しみました。特に3年次の領域実習では、実りのある実習にするため、予習と復習を怠ることなく責任感をもって取り組みました。また、看護過程を展開する際は、入院中だけではなく退院後の患者さんの生活も考慮し、特に家族のサポート状況や、地域での利用可能なサービスを重要視しました。この視点は、4年次の公衆衛生看護学実習にも非常に役に立ちました。
Qそこで身についたことを教えてください
A カンファレンスやグループワークにおける「リーダーシップ力あるいはフォロワーシップ力を発揮する力」です。スムーズにグループワークを進めるためには、全体をまとめるリーダーシップ力が必要だと感じました。また一方では、意見を積極的に発言するフォロワーシップ力が求められていると感じ、状況に応じてその役割を果たしました。また、実習時のカンファレンスでは、自分の意見を簡潔に分かりやすく伝えることが求められていました。日頃から親しい友人と看護に関する意見を交わすことで、自分の考えを自分の言葉で相手に伝える力が身に付いたと思います。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 就職活動と学業の両立は、とても困難でした。3年次の春学期は、領域実習前の講義に加え、演習や公衆衛生の授業、国家試験対策講座、公務員講座があり、週に6日登校していました。また、学内の就職対策講座にも参加していたため、とても忙しく、目まぐるしい日々を過ごしていました。4年次は、新型コロナウイルス感染症の影響で、感染拡大防止策に沿った就職試験内容の変更、実習スケジュールの変更・延期、就職試験に必要な科目の授業延期等が重なり、非常に厳しい一年でした。 このような辛い就職活動を乗り越えることができたのは、就職支援センターの方や保健看護学科の先生方のサポートのおかげです。本当に何度も何度も相談にのっていただき、無事に公務員試験に合格できました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A
学生生活の中で、自分にとって不都合なことを押し付けられ、悩み苦しむことがあると思います。私はそのような時、自分を内面から見てくれる友人や家族、先生に相談し、話を聞いてもらっていました。そうすることで心のわだかまりを解き、少しずつ落ち着きと自信を取り戻しました。抗うことのできない波がやって来たとしても、真っ向から取り組みましょう!ピンチをチャンスに!この4年間を実りの多い学生生活にしてくださいね。