就職内定学生インタビューInterview

宮阪 麻由

宮阪 麻由

卒業年度
2019年度
学部学科
医療福祉学部 保健看護学科
出身高校
岡山県立総社高等学校
就職先名
倉敷市役所
職種
保健師
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 本学には隣接する附属病院があり、1年次から実習として臨床の現場を見学することができるなど恵まれた環境で看護について学ぶことができることを知り、進学を決意しました。また、本学は4年間で看護師だけでなく、保健師の国家試験の受験資格も取得できることに魅力を感じました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 保健師実習で自身の目標となる保健師の方と出会い、私自身もその方のような保健師になりたいと思って将来の進路について考え始めました。大学3年次の夏休みからインターンシップや合同説明会などに積極的に参加し、どの市が自分に合っているのかを意識して就職活動を行っていました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 勉強とボランティア活動です。特に大学3年次の領域実習では、今まで積み重ねた知識・技術を用いて、積極的に実習に取り組み、多くのことを得ることができました。また、ボランティア活動では、主に病院の小児科で子どもたちに対して、遊びの提供を行っていました。少しでも子どもたちが入院生活のなかで有意義な時間がもてるよう、安全性に配慮し遊びを考えて実施していました。
Qそこで身についたことを教えてください
A 失敗を恐れず、何事にも積極的に挑戦していくことです。実施したことがないことでも自ら進んで挑戦することで、新たな学びを得ることができました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 3年次の夏休みからインターンシップや合同説明会に積極的に参加し、情報収集を行っていました。また、公務員試験は、県や市町村によって専門試験、教養試験、グループディスカッション、小論文、面接などの試験時期が異なるため、私は領域実習が終わってすぐの2月の早い段階で、試験対策を行っていまいした。特に面接練習には力をいれ、何度も就職支援センターの方と練習したのを覚えています。就職支援センターの方や担任・ゼミの先生をはじめ、様々な先生方に相談に乗って頂いたことも、就職試験で力を発揮できたことにつながったと思います。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A
大学4年間はあっという間です。一日一日を大切にし、後悔しないよう大学生活を楽しんでください!勉強、就職試験等大変な時期もあると思います。1人で抱え込まず、友人や先生方にも相談して自分の納得がいく選択ができるよう、様々なことに挑戦してみてください。応援しています。