就職内定学生インタビューInterview

小坂 樹生

小坂 樹生

卒業年度
2020年度
学部学科
医療技術学部 リハビリテーション学科理学療法専攻
出身高校
広島県立大門高等学校
就職先名
浜脇整形外科病院
職種
理学療法士
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 本学では、川崎医科大学附属病院に勤務している理学療法士の先生方も授業をされているため、より実践に近い本格的な講義を受けられることが進学を決めた理由の一つです。また、本学には理学療法学科以外にも医療系の学科が多くあるため、学生のうちに医療における他職種連携の大切さを学ぶことができると考え、進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A
3年次には、広島市内で就職したいと既に決めていましたが、真剣に就職活動を意識したのは4年次の春頃でした。それまでは、将来どの領域に進むのかを決めていませんでしたが、4年次に整形外科疾患の症例が多い病院へ実習に行かせていただいたことで、自分の学びたい分野が具体的になったと思います。また、野球をしていたため、将来はスポーツに関わりたいという夢もあり、就職先を決定しました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 大学時代に一番頑張ったことは、学園祭実行委員会活動と学業の両立です。大学は勉強するための場所であるため、勉学には一生懸命取り組みましたが、サークルや部活動などで多くの人と交流することも重要だと考え、学園祭実行委員会に入りました。学園祭実行委員会では委員長を務め、無事学園祭を成功させることができました。様々な学科の人と意見交換をしながら、より良い学園祭を作ることができた時の達成感は最高でした。大学生活は4年間と限られているため、勉学だけではなく、部活動やサークル活動に取り組むことや、楽しい思い出を作ることも重要だと感じています。
Qそこで身についたことを教えてください
A 学園祭実行委員会の活動で身に付いたことは、コミュニケーションを構築する力です。他学科や他大学の方との交流が多いため、話し合いや情報共有をする時、どうすれば分かりやすく簡潔に伝えられるのかを考えることができました。また、委員長を務めたことで責任感も生まれました。委員長として周囲との人間関係を築くことや、環境を把握することの大切さを学びました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 履歴書を書いたり面接の練習をしていく中で、自分の過去の経験がとても重要になると感じました。自己PRを考えた時、高校時代の部活動や大学での経験・思い出の中から自身の強みを探すことができました。そのため、4年間の大学生活で多くのことを体験したり、何かに一生懸命取り組んだという出来事が大事だと感じました。また、私は就職活動の準備期間が短く、急いで履歴書等を作成したため、就職課の方には大変お世話になりました。早めに行動しておくと、しっかり準備をすることができます。履歴書の書く内容に困った時は、就職課の方に相談するのはもちろん、同級生に相談することも大切だと思います。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 大学の4年間は多くの友人ができ、様々なことを経験できる期間だと思います。勉強はもちろんですが、交友関係を広げることも大切だと思います。また、課外活動やアルバイト、遊びなどたくさんのことを経験することをお勧めします。悩んだり迷ったりした時は、頼りになる友人たちや先生方がいるので、自分一人で抱え込まず、楽しい学生生活を過ごして下さい!