就職内定学生インタビューInterview

入江 南帆

入江 南帆

卒業年度
2021年度
学部学科
医療福祉学部 子ども医療福祉学科
出身高校
岡山県立高梁高等学校
就職先名
高梁市
就職先名
保育教諭
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 私は元々子どもが大好きで、母も幼稚園教諭ということで憧れもあり、小学生の時から幼稚園教諭・保育士を目指していました。子ども医療福祉学科では、通常の幼児教育保育に加え、病児・病後児・発達障害児保育・精神保健福祉分野についても学ぶことができるところに魅力を感じ、本学への進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 入学当初から、地元の高梁市で幼稚園教諭、保育士として働きたいと考えていました。そして、地元の幼稚園や保育所で実習した際に、地元の子どもたちの笑顔や、地域の方々の温かさに触れ、改めて私が生まれ育った地元の幼児教育保育、地域に貢献したいと思い、高梁市の公務員試験を受けることに決めました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 大学時代に一番頑張ったことは実習です。特に、初めての現場実習である「保育実習」を頑張りました。初めての実習ということもあり、楽しみではありましたが緊張と不安でいっぱいでした。夜遅くまで指導案を考えたり日誌を書いたりと、みんなで励まし合いながら頑張ったことを覚えています。そして、保育所実習での反省を生かし、幼稚園教育実習に臨みました。どの実習も大変でしたが、子どもたちの笑顔のために一生懸命取り組みました。
Qそこで身に付いたことを教えてください
A
幼稚園教育実習や保育実習を通して、「失敗からの学び」に気付くことができました。部分実習や全日実習では、しっかり準備をして臨むのに何度も失敗し、その度に私は保育教諭に向いていないのではないかとネガティブな気持ちになりました。しかし、失敗や悔しい思いをすることで、次の実習の際にそれを意識して行動することができたり、いろいろな予測をしたりすることができるようになりました。実習では思うようにいかないことの方が多かったですが、その分たくさんの学びを得ることができました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 3年次の秋学期から始まった学科内での「公務員対策勉強会」に参加しました。勉強会は、先生方が無償でしてくださり、やる気がある学生なら誰でも参加することができます。空きコマなどに行われ、教養試験の勉強をします。分からないところがあったらいつでも先生に質問できる環境だったので、勉強が苦手な私でも安心して参加することができました。また、しんどいなと思うことがあっても、同じ目標に向かって頑張る友人同士で教え合ったり励まし合ったりしたことで、最後まで諦めずに取り組むことができました。そして、二次試験対策では、ピアノ練習や面接練習を先生方がマンツーマンで丁寧に指導してくださったので、試験当日も落ち着いて自信を持って臨むことができました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 大学生活では、講義や実習に一生懸命取り組むことが大切だと思いました。しかし、アルバイトやサークル活動、ボランティア、遊びなど、大学生活でしかできないことがたくさんあります。大学生活はあっという間なので、一日一日を大切に過ごしてほしいと思います。また就職活動では、しんどいことや辛いことがあると思いますが、そういった時は一人で抱え込まず、家族や先生方、友達に相談するなど、周りの人を頼ることも大切だと感じました。自分の悔いのないように進路を決めてください。応援しています。