就職内定学生インタビューInterview

山下 千佳

山下 千佳

卒業年度
2020年度
学部学科
医療福祉学部 子ども医療福祉学科
出身高校
岡山県立総社高等学校
就職先名
総社市
就職先名
保育・幼稚園教諭
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 私は元々子どもが大好きで、将来は保育士・幼稚園教諭の道を目指していました。本学科では、保育士資格や幼稚園教諭一種免許状の取得だけではなく、障害児保育についても詳しく学べることに魅力を感じました。高校時代の教員も後押ししてくれ、本学への進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 入学後も、保育士・幼稚園教諭になりたいという思いはずっと持っていましたが、将来の進路について本格的に考え始めたのは、3年次の秋学期です。3年次の幼稚園実習の中で、自分が幼い頃に感じていた幼稚園と地域のつながりや、地元の温かみを再び体感することができました。この実習をきっかけに、就職は地元・総社市でしたいと思うようになり、本格的に公務員の勉強を始めました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 学業とアルバイトの両立です。基本的なことですが、勉強面ではほとんど休まず講義に出席し、講義中はしっかり集中して学習に取り組みました。また、講義で分からなかった部分は学校ですぐに解決するようにしていました。その結果、学業とアルバイトの切り替えがしっかりでき、どちらも集中して取り組むことができました。
Qそこで身についたことを教えてください
A 計画性のあるスケジュールを立てることで、時間を有効活用し、自己管理がしっかりとできるようになりました。また、アルバイトでは接客業をしていたため、様々な年代のお客様と会話をすることでコミュニケーション能力を身に付けることができました。私は、元々人とのコミュニケーション構築が苦手でしたが、周りのスタッフやお客様とのやり取りを通じて、克服することができました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 3年次の秋学期から、本学科独自の公務員試験対策「勉強会」に参加していました。短期大学から続いている「勉強会」は、空きコマや授業終了後に行われ、基本的には教養試験の勉強をします。昨年はコロナ渦ということもあり、途中でオンライン方式に切り替わるなど戸惑いもありましたが、学校に行けない間は友人に電話で分からないことを聞いたり、お互いに励まし合ったりして、乗り越えました。試験対策と発達障害児保育実習の時期が重なったため、その期間は実習が終わった後、学校で先生と面接練習をしたことを今でも覚えています。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A
大学生活は楽しいですが、あっという間です。勉強、アルバイト、部活、サークルなどやりたいことに存分にチャレンジしてみてください。就職活動は迷うことや辛いことがあると思いますが、周りの友人や家族を頼ることも必要です!後悔のないよう頑張って下さい。応援しています。