先輩からのメッセージ~内定学生インタビュー~Interview

石川 梨音

石川 梨音

卒業年度
2022年度
学部学科
リハビリテーション学部 視能療法学科
出身高校
香川県立高松南高等学校
就職先名
公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
職種
視能訓練士
Q学生時代に最も力を入れてきたことを教えてください。
A 学業とアルバイトの両立です。日々の勉強と実習が重なっている時期は特にアルバイトとの両立に悩まされましたが、周りの仲間たちと励まし合ったり、学科の先生に相談に乗ってもらうことで、最後まで頑張ることができました。その結果、単位を一つも落とさないことはもちろん、アルバイトも長く続けることができました。この経験から様々なことを同時に進め、それを継続する力が身に付いたと感じています。両立のコツとしては、勉強や実習を軸に時間配分を考えて、それに沿った生活リズムを作っていくのが良いと思います。
Q就職活動を振り返って取り組んでおくとよいと思うことを教えてください。
A 「この4年間で何を頑張ってきたのか」を明確にできる経験をしておくことは、自分の強みに気づくことにつながると思います。そのため、アルバイトやサークル活動、ボランティアなど、何かしら自分が打ち込めるものに取り組んでおくと良いと思います。その経験から自身をアピールできるエピソードが自然と出てくるようになり、自分の長所や自己PRを考える際に役立つと思うので、自分の頑張れることを見つけて、いわゆるガクチカなどのエピソード記入時に生かしてみて下さい。
Q就職先を決定するときに決め手となったポイントを教えてください。
A 職場の雰囲気と業務内容が自分に合っているかどうかを重視しました。私は1か月間の実習を通して、病院で勤務されている方々や全体の雰囲気を見ることができました。そこで自分の興味がある分野・業務に力を入れている様子や、職員同士が協力し合って検査などを行っている姿を見ることができ、自分に合っていると感じたことが、倉敷中央病院で働きたいと思う決め手となりました。自分が働きやすい環境であるか否かは、長く働いていく上で最も重要なポイントではないかと思います。
Q就職支援センターをどのように利用していましたか。
A
履歴書の添削と、面接練習で利用しました。ネットから予約を取り、担当の方とメールや電話でやり取りをして、就職試験までのスケジュールをたてました。ゼミの先生と就職支援センターの方の力をお借りしての面接対策は、様々な質問への返答を考えることや面接への自信をつける上でとても役立ちました。また、自分では気づけない言葉遣いや立ち振る舞い等についてもアドバイスをいただけたので、試験本番でも意識して対応することができました。
Q社会人になって取り組みたいこと(キャリアビジョン)を教えてください。
A 社会人になってからは、将来入職する後輩たちに指導できるようなORTになりたいと思っています。そのためにORTとしての見識を広めることができるよう生涯学習に取り組みたいと考えています。病院実習で分からないことがあった際、特に私は年の近い先輩に質問し易かったように感じました。この経験から次に入ってくる後輩にとって、私は質問や相談などをし易い存在として捉えられると思います。それに応えることができるよう、知識や技術を十分に身に付けておく必要があると考え、ORTの協会に加盟することを視野に入れ、自己研鑽に励みたいと思います。
Q後輩に向けてアドバイスをお願いします。
A 大学生活は中学、高校と比べて4年間と長いように感じますが、あっという間に過ぎていきます。大学時代にしかできないことを見つけて、是非その日々を楽しんでください。定期テストに向けての勉強や仲間たちと協力して取り組む実習は、学生時代にしかできないことです。また学校以外のことも含め、今自分の目の前にあることを全力で楽しみ充実した日々を送ってください。4年生の卒業前にはすべてが懐しく、良い思い出になることと思います。一日一日を楽しむことができれば、きっと素敵な4年間になると思います。