就職内定学生インタビューInterview

千原 秋穂

千原 秋穂

卒業年度
2019年度
学部学科
医療技術学部 感覚矯正学科言語聴覚専攻
出身高校
江の川石見智翠館高等学校
就職先名
医療法人尚和会 宝塚リハビリテーション病院
職種
言語聴覚士
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 高校生の時に、言語聴覚士という職業を知り、目指すようになりました。大学に進学したいと考えており、インターネットで養成校を調べていたところ、川崎医療福祉大学を見つけました。オープンキャンパスに参加した際、実際に講義を受けたり、附属病院を見学したことで、具体的なイメージを持つ事ができました。附属病院で実習ができる事、臨床に出ておられる先生方の講義を受ける事ができるところに魅力を感じ、進学を決めました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 4年次の外部実習前である3年次の春休みです。春休みを有効活用し、いくつか病院見学に行きました。それまで附属病院の臨床現場しか知らなかったため、病院によって様々な特徴があることを知り、就職活動を行うときに役に立ちました。また、外部実習を経て、どんな病院で働きたいか、どんな言語聴覚士になりたいかということを具体的に考えることができました。外部実習終了後に本格的に就職活動を始め、ゼミの先生や学科の先生と相談し、就職先を決めました。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A
部活動と学業の両立です。中学と高校で続けていた吹奏楽を大学でも続けたいと思い入部しました。2年次には学生指揮者と定期演奏会の実行委員長をさせていただき、両立させる事は決して容易ではありませんでしたが、部活動や学科の仲間に支えてもらい、4年次まで続けることができました。
Qそこで身についたことを教えてください
A 部活動と、学業を両立させる中で身についたのは、計画性です。試験期間と大会が重なることもあり大変でしたが、試験勉強を早めに始めるなどの工夫をしてきた事で、単位を落とすことなく両立することができました。更に、部活動で幹部をさせていただく中で、組織を引っ張る力や、外部の方と関わる事でコミュニケーション能力を身につけることができました。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 就職支援センターで、履歴書や作文の添削、面接の練習をして頂きました。面接や筆記試験の対策は、同時期に試験のある学科の友人とも支えあいながら大なって行きました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A 就職活動をやったみて、実際に見学に行って得る事がたくさんあると感じました。複数の施設へ見学に行き、それぞれの特徴を 知ったうえで、自分に合う施設を選ぶ事が大切だと思います。4年次になると、外部実習や国家試験対策など、就職活動のほかにもすることがたくさんあります。そのため、3年次に病院見学に行き、なんとなく働きたい病院のイメージをつかめたことは良かったと思っています。「逆算」して、今しなければならないことをしっかりと考え、遊べる時には遊び、学生生活を楽しんでください。