先輩からのメッセージ~内定学生インタビュー~Interview

田野 比翔

田野 比翔

卒業年度
2022年度
学部学科
リハビリテーション学部 言語聴覚療法学科
出身高校
兵庫県立洲本高等学校
就職先名
吉田病院 附属脳血管研究所
職種
言語聴覚士
Q学生時代に最も力を入れてきたことを教えてください。
A 今までで一番と言えるほど勉学に時間を費やしてきたことだと思います。国家試験合格に向けて常に緊張感を持ち、疑問はすぐに先生方に質問し、そのままにしないようにすることで効率よく勉強することができました。本学では先生方との距離感も近く質問しやすい環境であるため、勉学面のサポートはとても充実していると思います。そのような環境の中、短い時間でも一日一日知識を積み重ねていくことで、試験間近にも焦ることなくしっかりと復習に時間をかけることができました。国家資格取得を目指す以上、勉強の量が増えてしまうのは仕方がなく、いかに効率よく学習を進めるかが重点を置くべきポイントになってくると思います。
Q就職活動を振り返って取り組んでおくとよいと思うことを教えてください。
A ボランティア活動や趣味など、周りと一味違う部分を持っておくと強い武器になると思います。私自身趣味と言えるものが特になかったため、面接練習の際に苦労しました。学外活動は面接に強いだけでなく、息抜きやメンタルケアにも繋がると思うのでぜひ始めてみてください。また、日常的に友達や先生と話す機会を多く作ることもいいと思います。面接試験である程度受け答えの内容を考えていきますが、当然用意していない質問がくることもあるので、一対一で話すことに早い段階から慣れておく必要があると思います。
Q就職先を決定するときに決め手となったポイントを教えてください。
A
最初は学科の先生から紹介していただきましたが、話を聞くだけでは想像がつきにくかった部分もあり、病院見学に行くことにしました。その際に、職場内の雰囲気が明るく協力的であることや新卒者へのサポートが充実していることを知り、決断することができました。やはり実際に現場に行ってみることで良い部分も気になる部分も見えてくるので、病院見学にはぜひ行くことをお勧めします。
Q就職支援センターをどのように利用していましたか。
A 大きく分けて三つの目的で利用させていただきました。一つ目は今までの卒業生の方がどんな病院に就職したのかを一覧表で見せていただきました。各学科さらに都道府県別に分類されているのでとても活用しやすかったです。二つ目は現在川崎医療福祉大学に届いている求人票を見せていただきました。求人票を見て気になる病院に見学に行くという形が一般的だと思います。三つ目は履歴書添削・面接練習をしていただきました。予約が必要になりますが、履歴書の添削から面接まで一通りサポートしていただけるので心強かったです。
Q社会人になって取り組みたいこと(キャリアビジョン)を教えてください。
A 学生時代より、多くの症例と対峙する機会が増えると思うので、知識を深め質の高い医療を提供できる医療従事者として活躍したいと考えています。一人ひとりの患者様としっかりと向き合い、症状だけでなく何を感じているのかに着目し、その想いを理解できる言語聴覚士として患者様はもちろん、周りの他職種の方からも信頼される人物になりたいと思っています。将来的には自身の身に付けた知識を少しでも学生に届けられるよう、活動していければと考えています。
Q後輩に向けてアドバイスをお願いします。
A 国家資格取得を目指す以上、日々勉学に励むことは大切であり必要不可欠になりますが、息抜きをしっかりとしてほしいと思います。友達と遊ぶ、趣味を見つけるなど学生に与えられた自由を最大限に使って後悔のない四年間にしてください。勉強する時は集中して取り組み、休む時は休むなどメリハリをしっかりとつけて友達との時間を大切にすることが大切だと感じます。しかし目指すところは国家試験合格なので、人生で一番頑張ったと言えるほど勉学にも打ち込んでほしいと思います。微力ながら応援しています。