就職内定学生インタビューInterview

森岡 将貴

森岡 将貴

卒業年度
2019年度
学部学科
医療福祉マネジメント学部 医療情報学科
出身高校
岡山県立岡山東商業高等学校
就職先名
岡山赤十字病院
職種
総合職
Qなぜ本学進学を決意しましたか?
A 幼少期の頃から病気がちで、その度に、病院によく通院していました。その際、医療従事者の方々の献身的な姿を見て、将来は人々に感謝される仕事に就きたいと思いました。本学は、川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターと実際の医療現場で実習を行えることで、専門的知識も身につき、医療現場で働けることは、他では出来ない貴重な経験であると思います。それらのような、充実した環境があることが就職の際、強みになると思い、本学進学を決意しました。
Qいつ頃から将来の進路を考え始めましたか?
A 大学進学の際には、だいたいどのような職種に就きたいか考えていましたが、本格的に考え出したのは3年次の秋頃になります。ゼミの友達との情報交換やインターネットに掲載されている情報を自分で調べ、説明会があれば積極的に参加しました。また、大学3年次の頃には、進路についての授業が組み込まれており、企業や先輩方の貴重なお話を聞き、その内容をしっかり覚えておくのが良いと思います。また、分からないことは誰でも良いので、聞くことが大切であると思います。
Q大学時代に一番頑張ったことは何ですか?
A 資格取得のための勉強です。私の学科では、診療情報管理士認定試験という資格を取得することが出来ます。その資格を取得するために、毎日22時まで学校に残り、ゼミの仲間とともに、勉強をしました。資格に関しては、基礎知識検定やがん登録初級者認定試験など専門的な資格試験の勉強を頑張りました。医療情報学科では、こういった専門的な知識の資格やIT系の資格など多種多様な様々な資格が取得できます。
Qそこで身についたことを教えてください
A 診療情報管理士認定試験では、病名、症状などの医療系のことからシステムやデータのことなどのIT系のことを学ぶことができ、どこに就職しても必ず役に立つので、身についたことを私は大切にしていきたいと思います。また、他の資格試験でも、その資格試験を受験することでしか、学べない知識があるので、もし、受験できる機会がある場合は、しっかりと勉強し、資格試験に臨んでください、身につけた知識は、仕事をしていく上で役に立つと考えています。
Q就職活動時の思い出を教えてください
A 就職活動時は、どこに就職しようか、思い通りの所に就職出来るかなど不安しかなく、実際に自分がしたいことも迷っていました。しかし、先生方やクラスの仲間たちと情報交換をしていくうちに、自信がついてきて、自分のやりたいことを思い出すことができました。そこから、積極的に自分から行動していくことで、希望する日本赤十字社に内定を頂くことができました。その際に、自分から積極的に活動することの大切さを学ぶことができました。
Q後輩たちへ熱いメッセージをお願いします
A
今は、就職のことや資格試験のこと、他にも不安な事はたくさんあると思います。しかし、自分がやりたいこと、したいことを明確にし、それに向かって積極的に行動することが大切だと思います。また、行動するために、情報収集は欠かせません。家族、先生方、先輩、友達に頼り、就職に関する情報を集めるようにしましょう。これから先のことを考えると、心配事などあると思います。そういった時は、遠慮などせず、誰かに相談しましょう。そして、資格が取れるものは積極的に取得するようにしましょう。皆さんが、納得したところに就職出来るのを心より願っています。