• TOP
  • 附属 心理・教育相談室

附属 心理・教育相談室

川崎医療福祉大学附属「心理・教育相談室」では、1997年から一般の方を対象として、生活の中でのこころの悩みに対して、心理学的な立場から援助しています。

再開についてのお知らせ

新型コロナウイルス感染予防のため、当相談室では相談業務を一時お休みさせていただいておりました。ご理解をいただきありがとうございました。

全国緊急事態宣言の解除に伴い、以下の感染防止対策を講じながら、来所によるご相談と新規のご相談受付を6月2日より再開いたします。

もうしばらくご不便をおかけしますが、ご協力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

感染予防対策について

  • 密集を避け、換気の時間を十分に確保するため、面接の予約日時を変更させていただくことがあります。
  • 面接の前後には、面接室や待合のアルコール消毒をさせていただき、プレイルームの玩具など、備品を限定して設置していることをご了承ください。
  • スタッフは事前に健康観察を行い、マスク着用のまま面接させていただきます。
  • 来談者の皆さまにおかれましても感染予防にご協力いただき、症状がある場合には来談をお控え下さいますようお願い申し上げます。

西日本豪雨で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

附属心理・教育相談室では、災害に関連する心の反応に対してのご相談にも応じます。

災害時の心身の疲れは、心が弱いために起きるのではありません。

以下のようなお気持ちになられている方はありませんか。

  • 自分の対応がよくなかったのではないか・・・
  • こんな自分ではなかったのにと思うと情けなくなる・・・
  • 自分の気持ちを他人に話してもわかってくれない・・・
  • 話せば相手に心配をかけてしまうのではないか・・・

附属心理・教育相談室は予約制です。秘密を守ってご相談に当たります。

カウンセリングや心理検査などを通して、行動や考え方の特徴、強みや弱み、心の状態を多面的に理解し、問題解決の糸口を見つけていきます。

ご相談内容について

次のようなご相談をお受けします

  • 乳幼児、小学生、中学生、高校生の・・・
    • 発達の遅れ・学校での問題(不登校、いじめ、友人関係など)
    • 性格や行動(情緒不安定、落ち着きがない、嘘をつく、乱暴、非行など)
  • 育児の悩み、しつけの問題
  • 性格や行動面での悩み
  • 職場や家庭などの人間関係の問題
  • 教育現場、福祉施設などでの子どもへの対応について、その他
  • 相談内容についての秘密は厳守いたします。

相談室の様子

  • 写真をクリックすると大きく表示されます

お申し込み方法

相談は1時間ごとの予約制です。まずはお電話でお申込みください。

川崎医療福祉大学附属「心理・教育相談室」
TEL 086-464-1029(直通) | TEL 086-462-1111(代表) 内線54165

この電話で、来室希望をお伝えください。その際、ご相談の内容を簡単にうかがいます。

電話予約受付時間

曜日 時間
月~金曜日(祝日を除く) 12:30~15:30

年末年始、大学の春季・夏季休業中は、受付を休止しています。この他、入試などの行事により受付をしていないことがあります。

お願い

  1. 予約の時間に遅れたり、都合が悪くなられた場合には、できるだけ早目にご連絡ください。
  2. この相談室は、大学院の研修機関でもあるため、臨床心理学専攻の大学院生が同席し、教員指導のもとに援助・相談にあたっています。ご承知おきください。

開室時間

曜日 時間
月~金曜日(祝日・年末年始を除く) 10:00~16:00

料金

内容 料金(1時間あたり)
初回面接 2,000円
継続面接 1,000円
遊戯面接 1,000円
保護者面接 1,000円
心理テスト 2,000円、1,000円 (テストの種類による)
  • チケット販売機は千円札専用となっております。ご不明な点は、お問い合わせください。

アクセス

  • 在学生兄弟姉妹入学金減免制度
  • 受験上の配慮希望について
  • 入試にかかる個人成績の開示について
  • 入学資格の個別審査
  • 入学試験要項(PDF)
  • 入試状況(志願・合格者数)
  • 過去問題
  • 編入学
  • 大学院
  • 入試説明会
  • オープンキャンパス
  • 入試Q&A