トピックセミナー 2018年度

今年度のトピックセミナーのテーマは「連携」。自閉症の人たちの健全な育ちを保証するためには、本人を中心とした「連携」が重要なキーワードになります。しかし、誰もが連携が鍵だと気がついていながら、実際にはなかなかうまく進まないという状況もあります。連携とは何か、どのように連携を進めていくべきなのでしょうか?連携には、幼児期から学童期、青年期、成人期への連携というような縦断的な連携だけでなく、専門機関と家族との連携、学校と医療の連携、専門機関同士の連携など横断的な連携もあります。TEACCHの理念の中には、こうした連携をあらかじめ意識した「協力」「協働」「一貫性」といったキーワードがあります。今一度TEACCHのいう「連携」について考えながら、全国各地の連携実践を集めました。そして、参加の皆さんと「連携」について考える2日間を計画しました。ぜひ多くの方たちとお会いできることを楽しみにしています。

川崎医療福祉大学 社会連携センター
TEACCH Autism Program 諏訪利明

概要

テーマ

より良い連携の在り方を探る

日時

2019年3月2日(土)9:45(受付9:00)~16:30
2019年3月3日(日)9:00~12:30

会場

川崎医療福祉大学 本館棟 教室 他 大学「交通アクセス」はこちら

会場までは、公共交通機関をご利用ください。
やむを得ない場合は、川崎学園・職員用駐車場を使用することができます(有料/1時間100円)

会場周辺(スーパー等)への違法駐車は絶対にお止めください。

プログラム

1日目:3月2日(土)
時間 内容 会場
午前 09:45~10:00 開会挨拶 本館棟
4351 教室
10:00~12:00 講演「TEACCH Autism Programからみた連携の在り方について」
午後 13:30~16:30 実践報告
[幼児期]
今村 三奈子 氏(社会福祉法人 さつき会 さつきヶ丘保育園)、山部 孝美 氏(保護者)
[学齢期]
宮崎 理恵 氏(北九州市立三郎丸小学校)、高橋 俊吾 氏(日本カブトガニを守る会福岡支部長)
[成人期]
加藤 健生 氏(社会福祉法人 はーとふる)、乙丸 真人 氏(株式会社 ADOVANCE)
2日目:3月3日(日)
時間 内容 会場
09:00~12:00 第1分科会 幼児期の連携を考える講師:今村 三奈子 氏、山部 孝美 氏、諏訪 利明(川崎医療福祉大学 准教授) 本館棟
4301教室
第2分科会 学齢期の連携を考える講師:宮崎 理恵 氏、重松 孝治(川崎医療短期大学 講師) 本館棟
4302教室
第3分科会 成人期の連携を考える講師:加藤 健生 氏、小田桐 早苗(川崎医療福祉大学 講師) 本館棟
4303教室
12:10~12:30 総括 本館棟
4351教室
  • 全体定員 170名、各分科会の定員は50名~60名となります。
  • 参加希望の分科会をお申込み時にお知らせください。分科会は先着順とします。大幅に定員を超える場合には、調整させていただきます。参加分科会は聴講券に記載いたします。

お申し込みはこちら

対象

自閉症の支援に関わる専門職の方、保護者、学生 等

参加費

8,000円(当日、受付でお支払いください)

両日料金のみとなります。

お申し込み方法

参加ご希望の方は、フォームから申し込みください。

TEACCHトピックセミナー申し込みフォーム

または、ちらし[180KB]の申込用紙に必要事項をご記入の上、セミナー事務局まで郵送でお送りください。2019年2月以降に順次、聴講券(はがき)をお送りいたします。参加費は当日受付にてお支払いください。

セミナーの5日前になっても聴講券が届かない場合は、事務局までご連絡ください。

申込締切

2019年1月31日(木)まで

主催

社会連携センターTEACCH Autism Program

お申し込み・お問い合わせ
川崎医療福祉大学 社会連携センターTEACCH Autism Program
セミナー事務局 (担当:医療福祉学科 講師 小田桐・下田)
〒701-0193 岡山県倉敷市松島288

TEACCHトピックセミナー申し込みフォーム(お申し込み)

k-teacch@mw.kawasaki-m.ac.jp(お問い合わせ)

上記のリンクからメールソフトが起動しない場合は、普段お使いのメールソフトに上記のメールアドレスを入力して送信してください。
お問い合わせはメールでお願いいたします。件名は「TEACCHトピックセミナー」としてください。