2023年度 自閉症特別講座

2023年度「自閉症特別講座」受講生募集

自閉症特別講座の開講について

川崎医療福祉大学では、社会への貢献を果たすとともに、本学の掲げる「人間の尊厳を確かなものにする」という医療福祉の理念をより一層広めていきたいという願いから、2002年度より社会連携活動を本格的に開始しています。その一環として、当時、本学医療福祉学科 佐々木正美教授(故人)を中心として「自閉症特別講座」が開講されました。

2022年度は、Zoomによる遠隔授業形式で開講し、全国各地から33名の参加がありました。自閉症について、全国の優れた実践者の実践報告や講義を受講することで、受講生や修了生から、自分たちの日頃の実践を振り返る機会や最新の情報にも触れる機会になり、多くの学びになることが語られています。

今年度も、Zoom開催することで、大学にお越しづらい環境の方々にも参加しやすい形で実施します。多くのご参加をお待ちしております。

講義概要

  1. 自閉症に関する最新の理論と療育(治療・教育・福祉支援等)の実際を、映像を用いた具体的な講義で修得する。
  2. 国際的評価が確定しているTEACCHモデルの実際を修得する。
    教育者、療育者として、高度な専門家/実務者/実践者の養成を行う。
  3. 国内の優れたTEACCHの専門家、実践者(教育者、療育者、保護者)による講義や実習指導も行う。

講師

  • 諏訪 利明(川崎医療福祉大学医療福祉学科准教授)
  • 小田桐 早苗(川崎医療福祉大学医療福祉学科講師)
  • 下田 茜(川崎医療福祉大学医療福祉学科講師)
  • 重松 孝治(川崎医療福祉大学子ども医療福祉学科講師)
  • 学外講師・・・国内の優れたTEACCHの専門家、実践者(教育者、療育者、保護者等)を随時招請予定

講座日程・時間・実施方法

日程 2023年5月12日(金)~2024年1月26日(金)
原則として金曜日(年間25回予定)
  • 1月22日のみ月曜日開催
時間 18:30~20:30
実施方法 Zoomによる遠隔講義

受講料

120,000円(年額)・・・年間25回実施(修了式を含む)。

募集定員・受講資格

自閉症に興味のある職業者であれば、どなたでも受講できます。
なお、本学学生数名が聴講します。

募集期間

2023年1月4日(水)~4月14日(金)

申し込み方法

受講希望者は、自閉症特別講座「申込フォーム」からお申し込みください。

手続きの流れ
  1. 申込フォームに必要事項を入力し、送信してください。
  2. 事務局より、申込受付確認の自動返信メールが届きます。メールに振込口座番号等を記載していますので、受講料をお振込みください。(振込手数料は参加者負担、支払い方法は口座振込みのみです。)
  3. 受講料のお振込みを事務局が確認後、2023年4月30日(日)より順次、受講案内、講義資料等を送付いたします。
  4. 当日のZoomのID等は、3日前までに、ご登録いただいたメールへお送りします。

修了証書について

講座修了者には、修了式にて修了証書を授与いたします。

お申し込み・お問い合わせ先

川崎医療福祉大学 庶務課(社会連携センター)
自閉症特別講座係(担当:松下)
〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
086-464-1016 086-462-1193

excenter@mw.kawasaki-m.ac.jp

  • 上記のリンクからメールソフトが起動しない場合は、普段お使いのメールソフトに上記のメールアドレスを入力して送信してください。
  • 迷惑メールの「受信拒否」設定により、返答メールが届かない場合があります。モバイルメールをお使いの方で「メール受信拒否」の設定をされている場合は、「mw.kawasaki-m.ac.jp」を受信できるようドメイン設定をお願いします。