ボランティア依頼の手引き(依頼者用)

ご依頼方法

まずボランティアセンターに来所いただくか、電話、FAX、またはメール等でご連絡ください。当方ボランティアセンタースタッフより連絡を入れ、活動内容についての確認等を行います。その後に「ボランティア活動募集内容」記入用紙をお送りしますので、ご記入いただきご返送ください。(ホームページよりダウンロードもできます。)

  • 「ボランティア活動募集内容」の用紙を記入し、ボランティアセンターへ
  • 学生へボランティア募集の掲示・情報提供
  • 学生へ内容説明・調整、依頼先にスタッフが連絡
  • ボランティア活動の開始

「ボランティア活動募集内容」記入用紙の書き方

募集期間

当該活動の募集締め切り日を記入してください。特に人数制限および期間に定めのない場合は随時とご記入ください。(募集人数も同様)

対応可能な時間等

ご担当される方が連絡対応できる曜日・時間帯をご記入ください。

活動期間または日時等

当該ボランティアの活動期間または日時をご記入ください。特に定めがない場合は、隨時あるいは、「相談による」とご記入ください。

活動場所

実際に活動する場所をご記入ください。特に依頼先所在地等と異なる場合は、その活動所在地もご記入願います。

活動内容

具体的なボランティアの活動内容をご記入ください。

活動条件

当該ボランティア活動において、特に資格等の条件がある場合は、ご記入ください。特にない場合は、「特になし」とご記入ください。

活動者への支援等

ボランティア学生への支援がありましたら、ご記入ください。(例:交通費・食事)

  • ただし、支援を条件として求めているわけではありません。

留意事項等

依頼にあたっては、以下の事項をご理解願います。

  1. ボランティア活動を無償だけの意味で捉え、安上がりの労働力と考えていないもの
  2. 依頼主が法人等組織の場合は、非営利事業であること
  3. ボランティア活動として相応しい内容ものであること
    (行政責任、職務等をボランティアに責任転嫁しないもの。ボランティア活動の範囲を超えていないもの)
  4. 宗教活動、営利活動(セールスなど)を伴わないものであること
  5. ボランティアは、希望者の主体性と自主性によるので、ご依頼通り必ずしも学生を派遣することができない旨を承知していただくこと
  6. 必要に応じてセンタースタッフが活動の場を訪れること

受け入れ後における注意事項等

  1. トラブル、事故等が発生した場合は、すみやかにボランティアセンター、または学生課に連絡すること
  2. 学生に関する個人情報の管理に万全をつくすこと
  3. 活動学生に対しセクシャルハラスメント、パワーハラスメントなどが生じないよう配慮すること
  4. 活動学生にボランティア活動以外の活動を強要させないこと

連絡先

川崎医療福祉大学 ボランティアセンター
〒701-0193 倉敷市松島288
086-462-1111(内線54725) 086-464-1543(直通 ※電話・FAX兼用)
  • 務は8:45~16:05(土、日、祝日除く)

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせは「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。ダウンロードはこちら