センターの機能と役割

【ネットワーキング】架け橋

  1. ボランティアを通して大学(大学機能・教職員・学生)と地域社会とをつなぐ
  2. ボランティア活動に関する諸機関・団体等と大学との連携をつくる

【ボランティア情報の発信拠点】発信する

  1. 大学内外におけるボランティア情報の発信拠点となる
  2. 地域社会にあるボランティアニーズを顕在化させ発信する

【コーディネーション機能】つなぐ

  1. ボランティア活動を希望する学生(ボランティア活動ニーズ)を、ボランティアを必要とする人々や環境(ボランティアニーズ)とつなぎ、両者のニーズを充足させる
  2. ボランティア活動をサポートする(調整・相談支援・アセスメント)

【教育的機能】学びをひろげる・活動をひろげる

  1. ボランティア活動による学生の学びを支援する
  2. 大学での学びや知識・技術を社会に貢献させ、学生の学びを社会に活かす

これらの役割を実践することにより、地域に根ざした大学づくりを目指し、学生の学びを広げ、そして、地域社会における福祉の推進と向上に寄与することがセンターの使命なのです。