センターの職員

西本 哲也

ボランティアセンター センター長 西本 哲也(健康体育学科)

ボランティアセンターは地域からのボランティア募集情報を公開し、参加希望の学生さんたちに参加手続きやボランティア保険の手続き、事前研修などを行うところです。またボランティアセンター学生スタッフが自主的に学内外でオリジナリティ溢れる活動をしています。皆さん是非ボランティアセンターにお越しください。たくさんの素敵な出会いが待っています。

岡崎 利治

ボランティアセンター 副センター長 岡崎 利治(医療福祉学科)

ボランティア(volunteer)という言葉の語源は古典ラテン語の「volo」に由来し、willと語源を同じにする言葉です。日本語では「喜んで~する」という意味があり、人々が自発的に何かをやりたい気持ちを表す言葉といえるでしょう。

ボランティア活動の性質は、「自主性・主体性」「社会性・連帯性」「無償性・無給性」「開拓性・創造性」の4つの原則をあげて説明されますが、もともとの意味からは“自発性”が原点であることがわかります。誰かに強制されたり、無理にやらなければならない活動ではないのです。

またボランティア活動を「奉仕活動」と同義語に使う場面が見られますが、「奉仕」という言葉には、下のものが上のものに仕えるといった縦の関係性や、あるものがないものに施すようなイメージがあり、対等につながりパートナーシップを築こうというボランティア活動の趣旨とは異なります。

するのかしないのか、どのようなテーマを選ぶのか、どこでやるのか・・・。活動の選択を本人の自由な意志に任されている、まさに「私」発の活動といえます。

ボランティアセンターは、学生のボランタリーな活動を支援し、その実際の活動においてボランティアならではの力が発揮できるよう学生と学生または組織をつないだり、組織内での調整を行います。

ボランティアコーディネーター 武本 美代子

ボランティア活動の紹介によって一人でも多く、一度でも多くの感動体験に結びつけるように、頑張りたいと思っています。