学生スタッフの活動紹介

主な活動例

病院ボランティア

病院ボランティア活動

川崎医科大学附属病院では、患者サービス向上のために、学生ボランティアが活動しています。学生ボランティアは、川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学などの学生です。

病院玄関に立ち、あいさつや車いすの介助、外来への案内など患者さんに安心して受診していただけるような活動を自発的に行っています。

一人ひとりが患者さんの立場に立ち、人に対する「やさしさ」「気遣い」を活動や接遇経験を通して学んでいます。

中庄クリーンアップ作戦

清掃活動の様子

中庄クリーンアップ作戦は、毎年3回行っています。メンバーが2~3コースにわかれ、短大方面の班は大学周辺の駐車場・農道・歩道を中心に、中庄駅方面の一行は歩道や用水路を中心に、ゴミを集めています。中庄駅方面の班は、ゴミ拾いに加え、大学の近くの交番にある、川崎医療福祉大学卒業生が寄贈した花壇の整備も行っています。活動中に、街の人達にあいさつをすると、「お疲れ様」「ありがとう」などと声をかけられることもあり、とても勇気づけられます。この活動が中庄の街をきれいにし、人々が気持ちよく暮らすためのきっかけになればと願い、活動を続けています。

リサイクル活動

大学内から出る使用済インクカートリッジと切手を回収しています。使用済インクカートリッジは、ベルマークの対象商品として活用することができます。回収後は庄小学校の役員の方へ連絡し、回収に来てもらっています。

校内数か所に回収箱を設置しており、Canon,Epson,Brotherのみ回収しています。定期的に回収を行っていますが、いつも沢山置いてあり、ご協力して下さった方々に感謝しています。使用済インクカートリッジ活動では地域との繋がりを作る1つの活動となっています。

同様に、大学へ届く多くの郵便物から使用済み切手を回収しNPO法人誕生日ありがとう運動本部へ送っています。この会はすべてがボランティアと障害をもたれている方たちで企画、運営され古切手セットやしおり、キーホルダーとしてバザーで販売され、知的ハンディキャップを抱える人について考える啓発活動に役立てられています。又、切手を回収していく中で様々な記念切手や四季折々の切手を発見しており、私たち自身も楽しく活動しています。

  • リサイクル活動
  • リサイクル活動
  • リサイクル活動

学生スタッフミーティング

ふれあいイベント活動の参加(地域、施設)ボランティア活動の企画、報告等々で親睦を図っています。

  • 学生スタッフミーティング
  • 学生スタッフミーティング
  • 学生スタッフミーティング
  • 学生スタッフミーティング
  • 学生スタッフミーティング
  • 学生スタッフミーティング