川崎医療福祉大学 公開講座

2020年度 年間テーマ未来をつくる、これからの医療福祉

オンライン公開講座

 川崎医療福祉大学では、さまざまなテーマで毎年4つの公開講座を開催しております。毎年延べ約500名の方々にご参加いただき、毎回楽しみにしてくださっている方々も多数いらっしゃいますが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ホームページを通じて「オンライン公開講座」として動画配信を行っております。少しでも多くの皆さんに、自宅で楽しんでいただけるような講座を企画し、配信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

オンライン公開講座 第2弾

 この度、第2弾として、TEACCH Autism Program「自閉症の特性-共生とバリアフリーを考えるために-」(平成14年度本学自閉症特別講座第2回より)を配信いたします。

 この講義の中で、故佐々木正美先生は、自閉症の人たちのもつ「違い」を大切にできる支援者になってほしい、ということを繰り返し述べておられます。先生の出会ってこられた自閉症の人たち、家族の方々とのたくさんのエピソードで、一人ひとりの自閉症の人たちの「違い」が綴られていく様子は、今も色あせることはありません。先生は、誰よりも優しく彼らのことを見続け、彼らの成長を信じていらっしゃいました。しかし、そのためには、私たちの側が変わること、彼らの特性を深く理解できることが大切な条件であると述べています。支援者が自閉症の人たちに分かりやすく関わることで、自閉症の人たち自身が自らを信じ、自分のイメージをもっとプラスに変えることができるようになる、と信じておられました。それから約20年、自閉症の人たちは変わったのでしょうか?そしてその支援ができる人たちは、世の中に増えたのでしょうか?先生からの問いに答えるためにも、もう一度振り返ってほしい、自閉症支援者必見の内容です。自閉症のことをこれから学ぶ人もぜひ、ご覧ください。

当映像に掲載のスライド、写真、画像、映像、その他の著作物の無断転載を固く禁じます。

オンライン公開講座 第1弾

今回は第1弾として、医療技術学部健康体育学科の教職員と学生で作製した「かわさきエクササイズ」という、ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動、バランストレーニングを含んだエクササイズをお送りします。学生が主体で構成したものですから、手作り感が満載のビデオです。25分間という時間で高齢者の方々にも無理なく楽しんでいただけるのではないかと思っています。どうぞよろしくお願いします。

当映像に掲載のスライド、写真、画像、映像、その他の著作物の無断転載を固く禁じます。
PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。ダウンロードはこちら