視能訓練士 快適に「見る」生活をサポートします

ほかの職業を見る

視能訓練士とは

視能訓練士は人々の目の健康を保ち、快適に「見る」「見える」日常生活を支える視覚のエキスパートです。主な仕事は、①眼科での一般検査(視力、屈折、視野など)、画像検査(眼底写真、超音波検査など)、眼鏡やコンタクトレンズ処方のための検査を行うこと、②弱視や斜視の訓練治療を行い、小児の視覚発達を促したり、成人の社会復帰を促すことです。また、③眼科健診では眼の病気を早期発見し早期治療に結びつけます。④低視力者のための補助具の選定と使い方の指導も行います。
眼位検査
ペンライトを使って、眼の位置のずれ(斜視)を評価します。内斜視、外斜視、上斜視などを判定する検査です。
眼底検査
眼の奥にある血管や神経を撮影します。緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの診断に必要な検査です。

視能訓練士として

Q視能訓練士としての仕事のやりがいは?
A視能訓練士は、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の方々に接します。弱視や斜視のお子さんに視能訓練を行い視機能が改善したときには、ご家族とともにお子さんの成長発達の一場面に立ち会えたことに感動します。また眼鏡処方のためのレンズ合わせを行い「新聞が見やすくなった」などと喜んでもらえた時、正確な検査によって適切な診断や治療が行われ患者さんから「ありがとう」と言われた時、やりがいを感じます。
Q視能訓練士としての仕事の魅力は?
A外界から得られる情報は視覚からの情報が約80%といわれています。視覚情報で溢れている現代社会では、日常生活で「見ること」「見えること」が非常に重要です。乳幼児期は視覚の発達期にあるため、眼の病気を早期に発見し、早期に適切な治療を行うことがとても大切です。また超高齢社会では眼の病気の増加に伴い、視機能を検査する視能訓練士の需要は高いです。視能訓練士の仕事は幅広い年齢層の眼の健康にかかわっており、活躍する場は今後さらに期待できる職種であるといえます。
Q視能訓練士としての仕事の苦労は?
A眼の検査はとても繊細で、検査中に眼が少しでも動くと測定結果が大きくずれます。乳幼児や視力障害の程度が強く、ものをじっとみつめることが困難な場合には、正確な結果を得ることがとても難しいです。眼の動きが止まる一瞬を見極めて測定できるまでの技術の習得には時間がかかります。また患者さんの応答をもとに測定や評価をする検査も多いため、患者さんの年齢や理解度、体調などにも左右されます。患者さんの個々の状態に応じて、臨機応変に対応する力が現場では求められます。

本学で学ぶメリット

本学は、日本の4年制視能訓練士養成機関のうち最も歴史があり、確かな知識と技術に基づく臨床能力を身につけるための充実したカリキュラムに定評があります。また、川崎医科大学附属病院が隣接しており、1年次からearly exposure(早期体験学習)を実施しています。視能訓練士の業務内容や働く姿、態度を見学し、医療職者としての心構えを身につけるとともに、学習への意欲を高められるようプログラムを設けています。2年次以降においても、学内での習得した知識と技術を臨床現場で統合できることは、学習効果をもたらすうえで大きなメリットといえます。