PDF書類で見る

医療ソーシャルワーカー

病院と地域をつないで、患者さんと家族を支えます

医療ソーシャルワーカーとは

医療ソーシャルワーカーとは、病院等で、社会福祉の立場から、患者さんのかかえる経済的、心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る役割を果たします。入院、通院、在宅療養を問わず患者さんやご家族の相談に応じ、さまざまな職種と連携しながら、学校、職場、近隣地域等において、人間関係の調整や様々なサービスの活用を援助します。ソーシャルワーカーの国家資格が社会福祉士・精神保健福祉士です。

ソーシャルワーカーは連携が大切、チーム医療の一員として情報共有は欠かせません。

患者さんやご家族の相談に耳を傾け、必要な情報を正確・迅速・適切に伝えます。

本学で学ぶメリット

医療ソーシャルワーカー養成では、実践力をつけるために川崎医科大学附属病院をはじめ、第一線の医療機関で実習を行います。実習では、経験豊富な担当教員と実習指導者の連携のもと学生をサポートします。また、社会福祉士国家試験も高い合格率を維持しており、卒業生の多くが医療ソーシャルワーカーとして就職しています。

  1. 医学系の科目が充実しており、社会福祉で必要な知識をわかりやすく学べる。
  2. 川崎医科大学附属病院と総合医療センターで、医療ソーシャルワーカーとして活躍する先輩たちの指導を受けながら実習できる。
  3. 川崎医療福祉大学の卒業生には全国の保健・医療現場で勤務する人たちが多く、実習や就職はもちろん、働き始めてからもネットワークを頼りにできる。
  4. 社会福祉士受験資格取得が卒業必修単位となっており、国家試験合格に向けて学生・教職員が共に取り組む雰囲気がある。
  5. 社会福祉士資格を持ち、ソーシャルワーカーとしての現場で経験を積んだ教員が多い。全国でも屈指の充実度!

医療ソーシャルワーカーになるには

医療ソーシャルワーカーには国家資格である社会福祉士が必要。本学では実践を積んだ教員による充実したカリキュラムを準備。働き始めてからも卒業生によるネットワークが役立ちます。

医療ソーシャルワーカーとして

どのような仕事が多いですか?

患者さんやご家族の相談に応じて、様々な困りごとの解決方法を一緒に考えます。医師や看護師を始めとするスタッフと常に情報を共有し、患者さんにとって適切な支援を検討します。医療ソーシャルワーカーの仕事は、人とサービスや人と人の間を調整したり、繋いだりすることが多く、他施設や他病院、地域の様々な機関等とこまめに連絡を取り合います。病院内外で開催されるカンファレンスや会議も大切な連携の機会です。

仕事で大変なことは?

患者さんとご家族の希望が異なっているとき、希望を実現するには必要なサービスがどうしても足りないとき等、大変というか悩むことはあります。それぞれの患者さん・ご家族で事情は違いますから、常に「これで良いのか」と考え、話し合うようにしています。医療の場では病気やけがの状態が患者さんの生活に大きな影響を与えますから、医学的状況を把握しつつ患者さんの希望を実現する方法を考える必要があります。

医療ソーシャルワーカーのやりがいは?

大変なことと関連していますが、患者さんや家族の人生の一コマに関わる機会を通じて、多くのことを学べます。病気や障害と共に生きていく患者さんや、患者さんを支える家族から力を頂き、頑張ろうという気持ちになります。大変なことはたくさんありますが、患者さんやご家族そして多職種に支えられながら、日々学び続けられる仕事です。大変だからこそ、やりがいのあるずっと続けられる仕事です。