臨床工学技士 医療従事者の中で唯一、工学的な専門的知識を持つ「いのちのエンジニア」

ほかの職業を見る

臨床工学技士とは

臨床工学技士は、医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。医療従事者の中で唯一、専門的な工学的知識を持った医療職であり、現代医療に欠かせない医療機器のスペシャリストです。病院にあるさまざまな医療機器を操作して治療にあたり、常に安全に使用できるようにメンテナンスすることなどで、医療の安全・安心を支えています。医療機器を介して患者さんの命を支える重大な使命をもった職種が臨床工学技士です。「いのちのエンジニア」とも呼ばれています。
腎不全の患者さんに透析治療をしている様子です。治療中の患者さんの状態の変化の有無や機器が安全に作動しているかをチェックしています。(透析室)
心不全の患者さんに使う心臓の働きを補助する機器の操作を行います。(集中治療室)

臨床工学技士として

Q臨床工学技士のやりがいは?
A臨床工学技士の仕事は患者さんの命に直接関わる業務に携わるため、大きな責任を伴います。その分、患者さんの命を救う一助となれたときに得られるやりがいや達成感は、とても大きいです。
Q臨床工学技士の魅力は?
A臨床工学技士は、医療機器を通して患者さんの命を支えるという大きな責任を負っており、責任感と使命感を持って業務に取り組めることが魅力です。現代医療は医療機器なくして成り立ちません。そうした中で臨床工学技士への期待はますます高まっており、高い専門性を持って医療に貢献できるのはこの仕事の大きな魅力です。
Q臨床工学技士の大変なことは?
A医療機器・技術は、常に進歩しており、最新の機器や治療法が次々に導入されます。日々勉強する姿勢が求められます。また、担当部署によっては、緊急の呼び出しがある場合があります。特に急性期医療の施設で働く臨床工学技士は、どのような状況でもすぐに対応できるように常に準備していなければなりません。医療職に共通することですが、体力だけでなく、精神力も要すると言えます。

本学で学ぶメリット

最も歴史のある臨床工学技士の養成校であり、医療・福祉関係の施設に囲まれた抜群の教育環境で、充実した教育カリキュラムが組まれています。入学時には理数系・工学系科目への不安がある学生も、基礎から学べる科目群を設けています。医学系科目を中心に系列の川崎医科大学からも講義に来てもらっています。学科内にも最新の医療機器を数多く備えていますので、学内実習の内容・時間ともに充実させて実践力をつけています。さらに川崎医科大学附属病院をはじめとする近隣11箇所の先端医療機関で約11週間という長期間にわたって臨床実習を実施しています。こうした充実したカリキュラムを通じて優れた臨床工学技士を目指せます。