2017/08/09 第6回こどものための食育フェアに参加しました-臨床栄養学科-

8月5日(土)に倉敷市にて開催された「第6回こどものための食育フェア」に臨床栄養学科3年生、4年生と教員合わせて10名が参加しました。このイベントは、食に関する体験学習等を通じ、こどもの心と体の健全育成、また、親子のふれあいを通じて食について考えるきっかけづくりを目的として毎年、開催されています。
本学からは臨床栄養学科の学生がボランティアとして参加し、「オリジナルふりかけをつくろう」と題したブースを開設しました。カルシウム不足を補うために、粉末にした煮干し、桜えびや大豆などを子どもたちに自由に選んでもらい、自分好みのふりかけを作ってもらいました。こどもたちは作ったふりかけを喜んで保護者やスタッフに見せてくれました。ふりかけを利用した「パスタ」「卵焼き」「ピラフ」等も紹介し、自宅で食べるのを楽しみにして持ち帰る子どもたちの姿が印象的でした。
 また臨床栄養学科の学生は倉敷市健康づくり課のブースにもボランティアとして参加しイベントを盛り上げました。参加した学生は自らも楽しみながら食について学ぶことができたようです。