診療放射線技師 放射線画像検査と放射線治療のスペシャリスト

ほかの職業を見る

診療放射線技師とは

X線や放射性同位元素、磁場、超音波などを利用して画像検査、放射線を用いた癌などの悪性腫瘍の治療、患者さんや医療スタッフの安全を確保する放射線管理、検査や治療に用いられる機器の管理などを行います。
CT(computed tomography:コンピュータ断層撮影)検査:短時間で撮影でき、その後の処理も早いため、患者さんの負担が少なくてすみます。体内を輪切りにした画像を得られるだけでなく、画像処理技術によって3次元グラフィックスとして表示することも可能です。
X線撮影検査:X線を目的の部位に照射し、透過したX線をイメージングプレートやフラットパネルディテクターなどの検出器で可視化することで、体内の病変や骨折を描き出し、画像診断に役立てます。現在は、デジタル化が進み、患者さんの被曝を低減できるようになりました。

診療放射線技師として

Q診療放射線技師のやりがいは
A画像検査においては情報量の多い画像は正確な診断を導き、放射線を用いたがん治療においては身体の外観や機能も損なず、外科手術と同等以上の効果が得られます。診療放射線技師の技術が、患者さんの診療に果たす役割は大きく、自分の仕事の価値が日々実感できることです。
Q診療放射線技師の魅力は
A画像検査や放射線治療において、患者さんは元々肉体的のみならず精神的苦痛を抱えていることが多く、複雑な体位や屈曲できない場合もあり、患者さんの気持ち・立場になって工夫、配慮が必要となります。様々な状況に対応して、画像検査や放射線治療がスムーズかつ正確に行え、患者さんから感謝の気持ちを持たれたとき、喜びを感じます。
Q苦労することは
Aこの分野の進歩は著しく、深い専門的知識と技能が業務を遂行するうえで必要不可欠です。資格を得るまでも、資格を得てからも、常に最新の知識と技能を得るよう自己のスキルアップを心がけることです。

本学で学ぶメリット

最新の医療機器がそろった川崎医科大学附属病院と総合医療センターの2つの総合病院での臨床実習が可能です。32週間の臨床実習は他大学に類を見ず、他大学に比べ実践的で、就職後や国家試験の対策として役立ちます。