ホスピタルデザイナー デザインの力で医療チームの想いをかたちにする

ほかの職業を見る

ホスピタルデザイナーとは

特色ある病院を実現するためにイベントの企画・運営、空間計画、誘導表示計画などの環境整備や、院内外へ向けた情報提供に資するポスター、リーフレット、WEBなど広報関係の制作と情報発信を行う、高いデザインスキルと医療福祉の知識を兼ね備えたデザイナー。利用者が安心して治療に専念でき、スタッフがより質の高い医療を提供するための環境を、デザインによって分かりやすくする役割を担っています。
広報パンフレット・イベントポスター・キャラクターイラスト・ロゴマークなど、病院におけるデザイン業務は多岐に渡ります。
利用者が安心で快適に過ごせるように、病室をはじめ、院内の誘導サインをはじめとした環境整備を行います。

ホスピタルデザイナーとして

Q病院でデザインはどのような役割を果たすのですか?
A医療スタッフは、利用者のために「もっとこうしたい」「こんなものがあったら良いのに・・・」といった向上心や探求心を持っています。思いがあっても作れないイメージをデザインの力で形にし、完成に近づけていくことで、医療者と利用者・スタッフを繋ぐパイプのような役割を果たしています。
Q具体的な仕事内容について教えてください
A・インターネットを活用した企画・編集・運営・管理
・パンフレットや広報誌の企画・編集
・掲示物や絵画など、院内インテリアのプロデュース
・病院内で行うイベントの企画・運営・広報
など、主に病院のイメージアップやブランド化に貢献する業務を行っています。
利用者や地域の方・スタッフが、「ありがとう」「素敵」と笑顔になった時は本当に嬉しいです。
Qホスピタルデザイナーはどんな人に向いていると思いますか?
A人の役に立ちたい、助けたいという気持ちとアイデアを裏付ける専門知識をもってプランを立てられる人。また、自分から積極的にコミュニケーションを図り、成長したいという意欲が欠かせません。

本学で学ぶメリット

●認定医療デザイナー(日本初の医療デザイン資格)
認定医療デザイナーとは、医療関連領域及びデザインに関し、いずれも必要とされる能力を保持していることを証明するものです。本学科の学生は、在学中に所定の単位を修得することで試験の一部が免除されます。検定試験に合格すると資格が認定され、医療関連領域におけるデザイナーとしての社会的な役割と信用を確立し、就職活動に有利になります。

●デザインと医療福祉を融合させた独自のカリキュラム
デザインスキルの習得や造形力を養うための基礎造形やデザインの専門科目に加えて、医学概論やメディカルドローイングなどメディカル系の授業や実習を豊富に設けた独自のカリキュラムを設定しています。また、最大8週間の病院実習を行い、各現場で求められているデザインの役割を考え実践しています。

●3年連続就職率100%(平成26・27・28年度)
近年、病院内での医療サービスとして、デザインの果たす役割が重視され、医療や病院の状況を理解したデザイナーが求められるようになってきています。本学科では、このようなニーズに応える人材として、病院や医療福祉関連施設などで活躍の場を広げており、毎年高い就職実績をあげています。