医療福祉デザイン学科 学科ニュースNews

2019/10/01 「災害対応ピクトグラム」がラグビーワールドカップ開催都市に配備されました!-医療福祉デザイン学科-

医療福祉デザイン学科の学生が岡山市消防局と協働で開発を進めている「災害対応ピクトグラム」が、日本で開催中のラグビーワールドカップ2019会場である埼玉県熊谷市・神奈川県横浜市・大阪府東大阪市・兵庫県神戸市・大分県大分市・熊本県熊本市の消防局に配備されました。
ピクトグラムは、文字だけでなく絵や色で注意を促し、言葉の伝わらない外国人にも視覚的に情報を伝達できる点が、高く評価されました。すでに救助車や除染車に積載され、多くの観客が訪れる大会期間中の、不測の事態に備えています。