視能療法学科 学科ニュースNews

2019/05/29 新入生学科別研修 in 太陽公園-視能療法学科-

2019年5月25日(土)に1年生を対象に新入生学科別研修がありました。新入生学科別研修は、学生と教職員の親睦を深めることが目的の研修です。毎年、4月~5月の時期にバスで学外の色々な場所へ赴き、学生と教職員のグループに分かれて気兼ねなく話しをしながら散策をします。
今年は、兵庫県姫路市にある太陽公園に行ってきました。太陽公園は、城のエリアと石のエリアの2つのエリアがあり、城のエリアはドイツのノイシュバンシュタイン城をモチーフにして作られた白鳥城が圧巻のエリアです。城のエリアには、モノレールで昇っていくことができ、モノレールを降りると目の前に聳え立つ雄大な白鳥城に心を奪われました。中に入るとトリックアートやリアクションアートがあり、学生、教職員ともに映える写真を試行錯誤しながら撮影していました。
石のエリアは、敷地面積約40,000坪の広大な敷地に、凱旋門や万里の長城、ピラミッド、モアイ像、天安門などの世界各地の文化遺跡のレプリカが展示されており、日本にいながら世界中を旅行した気分になれるエリアです。特に、印象的だったのは兵馬俑で、実寸大の兵士や馬が1000体展示されており、そのスケールは中国にある本物の兵馬俑に引けをとらない造りでした。
当日は、最高気温33°の猛暑でしたが、学生、教職員とも熱中症、日焼け対策をしっかりしており、体調不良を訴えることもなく無事に研修を修了することができました。新入生の皆さん、少しは教員との距離が縮まりましたでしょうか?これを機に、自身が目標とする視能訓練士を目指して一緒に頑張りましょう。