医療福祉デザイン学科 学科ニュースNews

2019/03/04 「2018年度防災教育チャレンジプラン」にて、防災教育特別賞を受賞!−医療福祉デザイン学科−

2019年2月23日、内閣府主催の2018年度防災教育チャレンジプランにおいて、2016年より医療福祉デザイン学科が岡山市消防局と開発を行っている「災害対応ピクトグラム(プラン名:「言葉に頼らない避難誘導ツール開発プロジェクト」)」が、その取り組みを高く評価され、防災教育特別賞を受賞しました。
防災教育チャレンジプランとは、全国で取り組まれつつある防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを目的に、全国から防災教育のプランを募集・選出し、1年間の実践ののち優れた実践に対して表彰を行い、全国の地域や学校での防災教育を推進するために支援を行っているものです。

現在のプロジェクトメンバーは、3年生 平松智宏さん、熊谷美樹さん、河本花波さん、日笠捺香さん、2年生 今井知加さん、宮本のどかさん、山本佳歩さんの学生7名と、岩藤百香講師、中村俊介助教、アドバイザーとして青木陸祐教授が参加し、活動を行っています。
ピクトグラムは、これまでに各メディアで紹介されたほか、県外の消防署や病院、商業施設からも使用依頼が届くなど、広がりを見せています。