PDF書類で見る

医療系事務職

病院経営・運営を支える医療系事務職

医療系事務職とは

医療現場では、患者さんの診療の流れに沿って、患者受付・案内、診療手続き、診療費計算・請求、他の医療機関との連絡、診断書・証明書類の発行、診療統計報告など、多くの事務処理が発生します。医療系事務職は、このような診療活動を直接的に補助する医療事務機能の事務を担当して、患者さんがよりよい医療を安心して確実に受けられるようにしています。

日々、企業や個人から入ってくる健康診断の申込みを一括して管理しています。パソコン上で予約日程や受診項目を登録し、それを元に健康診断を行います。

健診機関では、様々な部署とのやりとりが発生します。健診当日など、契約についての確認や項目の変更などは、他部署から連絡が入ります。その際、医学的な知識が要求されることもありますが、本学で学んだ医学知識がそのまま業務に役立ちます。

本学で学ぶメリット

本学には、全国でも数少ない医療系事務職を専門的に養成する医療福祉マネジメント学部が設置されています。医学用語、臨床医学、医療管理論、医療関係法規、診療報酬事務論、診療情報管理論などを必修科目として学んだ後、隣接する附属病院で患者さんと接しながらの実習が行えます。

人々の健康を守るために、本学では幅広い専門職を育成しています。医療系事務職は一見ヘルス・ケアに関連が薄そうに見えますが、将来、病院経営や運営を担う人材としては、経営学だけではなく医学・医療の豊富な知識が必要となります。

本学科では、一般の経営学や会計学、経済学を学んだ上で、医学・医療の知識を学び、学外実習を経験する中で医業経営の知識を実践的に深めていきます。こうした一連の学びによって、病院経営を担う経営企画室職員や経営戦略室職員へとなるための知識と、実践力を培うことができます。

医療系事務職になるには

豊かな人間観と福祉観をベースに、一般事務処理能力、コミュニケーション能力、患者接遇能力、診療報酬請求能力、医業経営管理能力、診療情報管理能力等を身に付け、実践できる力が必要です。そのために、本学部では2~4年次に大学病院で実習を行い、腕を磨きます。

医療系事務職として

一般の事務職とどのような違いがありますか?

医療系事務職には、診療内容が理解できる医学知識や、全国統一された診療費の計算・請求事務処理能力が必要です。さらに、診療は医療法や医師法など多くの法令を遵守しながら行われますので、これらに関する知識も必要です。医療の専門事務職と言えます。

将来性はありますか?

一般の事務と同様、単純な事務はIT化が進んでいます。そのため、複雑な事務、難易度の高い事務が人の手に残っており、それらに対応できる人材はますます求められています。さらに単なる事務処理だけでなく、創造的な事務ができる、いわゆるハイレベルな医療系事務職が求められています。