国際交流 News&TopicsNews&Topics

2022/10/21 【ヴィクトリア大学オンライン語学研修】を実施しました

夏休み期間に実施した【ヴィクトリア大学オンライン語学研修】に、2名の学生が参加しました。本来は「英会話(海外研修)」【ヴィクトリア大学語学研修】として、3月にホームステイをしながらカナダ・ヴィクトリア大学に通い、少人数クラスで英語力を磨く4週間の語学研修です。しかし新型コロナウィルス感染症対策として、2021年度に続き、2022年度もオンラインプログラムEnglish for Global Communication(EGC)に参加する形で実施しました。

これは「英会話(海外研修)」の単位を取得できる研修でもありますので、学生たちは、ヴィクトリア大学のEGCと、本学が準備したプログラムの両方に取り組みました。EGCでは、8月30日から9月24日にかけて同期型授業(ヴィクトリア大学の先生とのライブ授業)と、非同期型授業(配信動画を視聴したり課題に取り組んだりする授業)に参加しました。授業は、週ごとに設定されたテーマや目標のもと、レベル別の少人数クラスで進んでいきます。オンラインとはいえ、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4技能を満遍なく向上できるプログラムです。本学でも7月半ばの研修準備から始まり、英会話を含む研修前授業、オンライン授業、対面授業が設定され、9月29日の課題提出をもって研修を終了しました。

「英語力の向上を図り、国際感覚を養う」の目標を胸に研修に参加した学生たちは、終了時には大きな達成感を得たようです。例えば、英語を話すことへの抵抗感を克服し、自分の思いを伝えようとすることの大切さに気付いてくれました。現地研修に憧れを抱きながらも、オンラインでも国際交流ができること、オンラインだからこそ肉体面や精神面での負担が少なく、研修に参加しやすかったことも実感したと伝えてくれました。主体的な取り組みを心がける中で、自然と自分で問題に向き合い解決する力がついたこと、また、多くの方が支えてくださっていると気づいたからこそ、その支援に感謝し、自分にできることを一つ一つ積み重ねていこうとの思いを新たにしたと伝えてくれました。英語力だけでなく、人間力をも向上させてくれる研修であったとは、学生たち自身の総括です。一つ一つの経験を自らの糧として歩んでいく学生たちの力と姿勢に、未来への希望を感じました。

多くの方々がご支援くださったことに深く感謝しますとともに、これからも学生の成長を応援していただきますようお願い申し上げます。

担当:総合教育センター

ジョン・プレバッテ、山根真由美