2019/01/26 LSC(ラーニング・サポート・センター)企画講座「酸・塩基とpH」を実施しました

1月16日(水)5時限にLSC(ラーニング・サポート・センター)を会場に、化学の企画講座として「酸性・塩基性とpH」が開かれました。1年生を中心に学生15名の参加がありました。

講座の前半は清涼飲料水などのpHを測定する実験、後半は酸・塩基とpHに関する講義と演習を行いました。


前半の実験では、pH測定の原理や、実験の方法に関する説明の後、お茶、ミネラルウォーター、スポーツドリンクなどのpHの測定や、クエン酸水溶液や炭酸水素ナトリウム水溶液を加えたときのpH変化を調べたりしました。

後半は、酸性・塩基性とpHの関係や、pHと水素イオンの濃度の関係に関する説明を聞いた後、水素イオンの濃度とpHの計算問題に取り組みました。


初めのpHの測定実験では、操作内容がわかるまでは緊張していた学生も、途中からは仲間と協力して楽しみながら測定を進めていました。後半には水素イオン濃度やpHの計算に関する講義を聴いた後、計算の演習にも熱心に取り組んでいました。

このようなミニ実験と組み合わせた体験型の講座を、LSCで今後も定期的に開催していこうと考えています。計画が決まりましたら、LSCの掲示や2Fエレベーターホールのサイネージなどでお知らせします。興味を持たれた方はお気軽にご参加ください。